2005年01月10日記載
けん引免許の取得スケジュールと新たな目標設定に一考
年が明けても継続して挑戦することがまず最初にあります。それはもちろん運転免許完全制覇に向けて残された種目「けん引一種」「けん引二種」取得への挑戦です。ただ昨年末まさかの適性検査(深視力)で不合格になってから、今年になって試験場に再度足を運ぶのに恐怖感をもってしまいました。昨年末はこのことから眼鏡を新たに作成しなおしました。すると眼鏡の度が全くもって理由がわからないのですが右目だけ乱視の軸が80度から60度にずれていたことが判明しました。

こんなことあるのでしょうか?乱視があると深視力検査を通過するのが難しくなります。だから昨年不合格なったに違いありません。眼鏡を作り直してから眼鏡屋で深視力練習を幾度かしました。手前から奥へ移動するときのタイミングはほぼ間違いなくできるようになりましたが、奥から戻ってくるときのタイミングは未だに全く自信がありません。通過した後に「ああ、今通過しちゃった」って感じの繰り返し。

結局のところ深視力検査のおいて完璧に楽勝で通過ということは眼鏡作り直してもムリなものはムリでいろいろ考えていくうちに適正検査を受けることが技能試験以上に恐怖に感じてしまっている自分がいて困ったものです。深視力検査に全く自信がなくても実際の運転において大型二種の課題である後方感覚でも一発で上手くできたので深視力の力はあるのでしょうが、適性検査でやる蛍光灯の中にあるボックスの中で動く黒い3本の棒を見つめていると目がおかしくなる一種の病気が直らない限りしばらく悩み続けることになるでしょう。

このままでは適性検査の後の技能試験予約以前の問題です。こんな状態でありながらこれまで良くもまぁ4回も検査パスできたもんだと自分でも不思議に思います。深視力検査のうち半分が再検査となった経歴があってもそれでも再検査では全く問題なくパスできた。しかし前回初めて不合格になった精神的ショックは相当に大きく再び検査に立ち向かって挑戦する度胸が全然出てきません。

そんなこんなんでけん引試験の受験はもう少し先にします。先にするといっても1月後半か2月前半には受験しますけど。マイカーの維持費やガソリン代の支払いなどの出費がかさむことと仕事面からしても若干ピークが今月に訪れる理由ことも多少の先延ばしする理由があります。それからけん引が最終種目ということもあってこれが再度の受験と考えるとなにか寂しさもあったり。

けん引というものはこれまでの車種と違いかなり特殊性があって、安全確認とかどの車種でも共通となる基本動作以外に車両の動きが特殊性があるために純粋なけん引としての運転技術が要求されます。これまでの受験者の傾向を見ても大型二種を一発合格する人でさえけん引は複数回受験する方が多くいる実態からして車両の動き、ハンドル操作に対して入念な練習が必要不可欠と判断しました。

今のところ上江橋モータースクールで4時間練習する計画を立てています。けん引の中で最も難しいとされる方向転換課題に対しても仮に試験中切り返しを必要とするような状況下に陥っても適正な切り替えし操作ができるようなテクニックまで習得してから試験に挑戦するつもりです。その関係からまず2時間練習し、その後鬼門の適正検査に挑戦後、技能試験予約、予約試験日直前にもう2時間練習してから初受験日を迎えるというのが私の今考えている行程です。

初練習期日は今月後半の週末、その週明けに試験場、技能試験の予約期日の直前の週末に最終練習、そして初回受験。こんな計画からすると初受験期日は遅くとも2月中旬。何回目で合格をゲットできるか全く今の段階では予測できませんが仮にけん引一種合格したらその勢いで一気に最終の二種まで挑戦することになるのは間違いないので現時点で掲げる運転免許全種目ゲット期日のタイムリミットは3月中とすることとします。

実際に夢の全種取得が実現した後の目標はどうするのか?といったことについてはもちろん全く考えていません。国道1桁2桁を全線制覇した後の目標で安易に考えるのが3桁も完全制覇といったことと同様に運転免許も次は海?とか言われたりしますが全くその予定もそのような考えもありません。一時期はA級ライセンスとかも考えましたが、更新手続きが大変なのと費用もかかることがあったので無期限保留というのが実情です。ただ可能性という点だけで話をすると小型船舶よりはA級ライセンス取得のほうが確率は高いと思いますが現在の心境では取得するまでにはほぼ間違いなく至らないです。

そもそも免許というのは取得することが目標ではなく取得した後の方がよっぽど重要です。実際に普通免許も取得してもペーパードライバーだとするとただの身分証明書の一種にしかすぎないわけで免許取得したことに対し意味を持ちません。まさしく全種取得も事実上それぞれの車種に対して免許を有効利用しなければ免許としては無意味です。しかし私の場合は大型バスに対する運転欲求を除けば大型特殊やけん引、普通二種など免許取得そのものが最終目的であるのでペーパーのまま経過しても全くかまわないというのが私の考えです(くどいようですがバスの運転だけは除くj)。

よって全種取得後は新たな目標を立てることになるでしょう。例えばバス所有することとか?基本的に国道にせよ運転免許全種目取得にせよ、「運転」という共通項目があるので、もしかしたら意表をついて運転要素のある「乗馬○級」といったものに目標を立てるかもしれません(爆)。

ただ、そんないろいろな目標を実践する前にもっと重要なことをやる必要があるだろ?との突っ込みが聞こえてきそうです(汗)。でもそのやることが最も難しくてズルズルと逃げているのかもしれません。今年はその難解にも積極的に挑戦してみようと思います。



コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp