2017年08月23日記載
リオ、コルコバードの丘への行き方(2017年8月版)
リオデジャネイロのシンボルといえば、誰もがテレビで見たことのあるコルコバードの丘キリスト像だ。せっかくリオデジャネイロに訪問するのであれば、絶対に外せない定番中の定番の観光地である。

このコルコバードの丘への主なアクセス手段としては、登山鉄道とコレクティーボ(入場券付き)があるが、登山鉄道に乗りたいこだわりもなく、とにかくタクシー以外でストレートに迷うことなく効率よくアクセスしたい人は、コレクティーボ(入場券付き)が便利。実際私も利用したのでレポートを含めて紹介する。

なお、コルコバードの丘では無料Wi-Fi接続できる。ネット接続前に強制的にヒュンダイ自動車のCMを見る必要はあるが、その先はフリーでインターネット接続できるのでお薦めする。



コレクティーボによるアクセスは地下鉄Largo do Machado駅から往復送迎+入場券付きセットのチケットを買う。これでコルコバードの丘との往復と現地入場券もついているので簡単だ。混雑状況にもよるが要時間は概ね3時間もあれば戻ってくることができる。



ファーストステップは地下鉄を利用し、Largo do Machado駅の出口Aを出たらそのまま教会方面にまっすぐ1分ほど歩く。すると誰でもすぐにわかるチケット売り場が見えてくる。チケットはここで購入する。費用は往復送迎分が28レアル。入場券が33レアルの合計61レアル(閑散期料金)だった。



リオはサンパウロと比べてクレジットカード利用できる箇所は案外少ない。でもこのチケットセンターに関してはVISA、マスターカード両方利用できるので安心してほしい。チケットをもらうと、チケットセンターの奥にコレクティーボが止まっているので、近くにいるスタッフにチケットを見せれば、どのコレクティーボに乗れば良いか案内してくれるのでそれに従えば良い。

ちなみに私が訪問した時間帯はお昼12時30分頃で全く混雑していなかった。混雑時は行列ができているかもしれない。その際は行列に並んでついていけば良い。ここから出ている本数は推定一日100本近くは出ていると思われる。



乗車した後はそのまま身を任せることとなるが、途中のお土産売り場で一旦降ろされる。この場所から別のコレクティーボに乗り換えをして更に丘の上に移動する。私は最初に降ろされた場所でその先どこに行けば良いのか迷ってしまった。



一旦建物内に入り、入り口から左手方面に行くとチケットをチェックするスタッフがいる。手持ちのチケットを見せれば、専用方面に案内されるので、そこで建物から再び出る形となり、坂を下ったあと右手に別のコレクティーボが待機している。そちらに乗車すればようやくコルコバードの丘の入り口に到達できる。



入口に到達後は、階段を上がり、手持ちのチケットにあるQRコードを入場ゲートにかざせばOK。帰宅時は再び行きと同じ場所で一旦降ろされ、その先はLargo do Machadoと書かれた列に並べば良い。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp