2017年08月27日記載
ブエノスアイレスの2つの空港と市内間アクセス
ブエノスアイレスには2つの空港がある。一つは長距離国際線を中心とするエセイサ空港(EZE)、そして国内線及び近距離国際線用のホルヘ・ニューベリー空港(AEP)の2つ。まず多くの外国人が使うであろうエセイサ空港から紹介する。



エセイサ空港から市内アクセスで最も安心してアクセスできる手段はエアポートバスである。運用する主な会社は1社。Manuel Tienda Leon社のバスを利用する。路線バスで市内に出るマニアックな方法もあるが、タクシーと比べれば安価で済み、市内まで40kmほどあるエセイサ空港からを考えると、このエアポートバスを利用するのが良いだろう。



出発は国際線ターミナルであるターミナルAの到着ゲートから外に出たところにある。ライオンマークを覚えておけばすぐに見つけることができる。チケット購入は現金だけでなくクレジットカードでも購入することができる。運賃は2017年8月現在で220ペソ(1500円弱)である。



所要時間は約50分から1時間で、日本でいうJRにあたる中心駅、レティーロ駅(RETIRO)のすぐ近くにあるManuel Tienda Leon社専用のバスターミナルまで運んでくれる。このバスターミナルから徒歩2分程度で地下鉄Retiro駅に移動でき、そこから地下鉄利用で市内中心地へ向かう。


帰りも専用ビル内にあるカウンターから「エセイサ」と行って220ペソを提示すれば、エセイサ空港まで運んでくれる。空港到着時は最初は国内線ターミナル、次に国際線ターミナルの順番に停車する。

続いて、ホルヘ・ニューベリー空港(AEP)までのアクセス方法ついてをレポートする。日本語で紹介されている大半のWebサイトは、AEPまでのアクセス手段は大抵タクシーと書かれている。理由はタクシー以外の手段は普通の路線バスしかないためで、旅行者にとっては普通の路線バスに乗るのはかなりのハードルだからである。



一方、ホルヘ・ニューベリー空港は市内からさほど距離も離れておらず、タクシーだと市内中心地から近い。とはいえそこはタクシー。200ペソ前後、渋滞時なら更に高い運賃となり、いくら日本より安価なタクシー運賃とはいえ、決して手軽に利用する乗り物ではない。時間とコストを兼ねるなら、地下鉄でPalermo駅まで行ってそこからタクシーを利用するのもアリ。ここからならタクシー代は高くて100ペソ程度で済み、市内中心地までタクシーを使うとの比べれば半額で済ませる。



だが、ここはあえて路線バスで空港へアクセスする方法を紹介する。私も市内から空港に向かうときは早朝で時間的な余裕がなかったのでタクシーを使ったが、空港から市内に戻る際は思い切って路線バスで移動した。路線バスを使えばたったの6.8ペソ。タクシー代とは比較にならないぐらいただ当然の金額で移動できる。時間に余裕があるのなら、路線バスで空港にアクセスしてみて欲しい。



ブエノスアイレスの市内の路線バスに乗車する決まった2つのルールがある。まずはその点を整理する。

(ルール1)バスに乗車するにはSUBE(非接触カード)が必須。
(ルール2)乗車時に運転手に行き先を口頭で伝える。

現金では一切乗車できない。また乗車時に運転手に行き先を口頭で伝えなければならない。行き先によって運賃が決まるのと同時に所定の降りたいバス停で停車してもらうためでもある。

この2点について、旅行者から見るとどちらも比較的ハードルが高いと思われる。最初のSUBEカードだが、最もわかりやすいのは地下鉄の駅の有人窓口で購入する方法。SUBEと言えば購入できる。そして同時にチャージもお願いする。SUBE代が30ペソで地下鉄は一回あたり6.8ペソだから、これらの運賃と今後利用回数を加味してチャージをしておこう。ブエノスアイレスに初めて降り立った場所がホルヘ・ニューベリー空港の場合、空港内でSUBEを購入する場所はなく、ターミナルの外に出たところにある売店一箇所だけ購入できるところがあるようだが私は見つけられなかった。



なので、本コラムでは市内から路線バスを利用することを前提として解説する。市内の乗車する主なバス停は2つ。一つは地下鉄Avenida de Mayo駅付近にある南北に走る大通りにあるバス停、もう一つがレティーロ駅となる。レティーロ駅はバス停の数が多くのどこの乗り場が良いのか迷うと思われるので、Avenida de Mayo駅付近のバス停からの乗車をおすすめする。


北方向側の乗り場から45番のバスを待つ。45番バスが来たら手を上げバスに乗車。乗車したら運転手に「アエロポート」と言い、運賃が表示されたらSUBEカードをかざす。これでOKである。南側の乗り場から乗ると空港とは反対側に行くので注意しよう。



ちなみに空港に乗り入れているバスは主に「33番」と「45番」でいずれも空港からレティーロ駅まで移動することができる。先に紹介したAvenida de Mayo駅から空港まで走るバスは45番のみとなっている。その他の番号のバスには乗らないように。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp