2018年10月12日記載
アメリカ最古のボストンの地下鉄、空港周辺渋滞注意
アメリカ最古の地下鉄はボストンで開業は1897年だそうだ。ボストンの地下鉄情報は多くのサイトで取り扱っているため、私からきっぷの買い方や乗り方についての説明は省略し、簡単に写真だけ紹介することにする。



空港から市街地までは近い距離にある。地下鉄路線図にあるシルバーラインが接続されている。といってもシルバーラインは連結バスでなんと無料。このうち2路線が最寄りの地下鉄駅に直結していて、一つはレッドラインのSOUTH STATIONと直結し改札内にあるため、無料のままレッドラインに乗り換えもできるようになっている。



空港から市街地へはSL-1を利用し、SOUTH STATIONまで所要時間は20分だった。そのままレッドラインに乗り換えできるが、ボストン滞在中は5回は地下鉄に乗る予定だったので、一旦改札の外に出て一日乗車券を購入した。






車両は古いまま。一体何年使っているのかと思うほどの歴史のある車体。写真にはないがグリーンラインの車体は相当古い。歴史を感じることができたのであった。



空港に戻るときにはブルーラインのAirport駅からシャトルバスで移動した。本来なら5分程度で到着できる距離だが、空港周辺の道路が大渋滞。そのためなんと40分も掛かった。時間に余裕を持っていたので問題なかったが、近いからといってギリギリに出発すると思わぬ時間ロスでやばいことなる教訓となった。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp