2018年12月24日記載
面白くない度100%、2018年私生活ランキング
クリスマスシーズンを迎えると1年の終わりが近づいたことを実感する。さて、我が2018年をざっと振り返ってみることにする。今日のコラムは人に読んでもらう目的ではなく、完全なる私的メモ。本日のコラムは読むだけ時間の浪費になることをお断りしておく。

2018年の私生活ランキングをしたらこうなった。

1位 長男誕生
2位 株式投資はじめる
3位 Webサービス「キューRクラウド」立ち上げ
4位 au解約、UQモバイル乗り換え
5位 母一周忌法要
6位 モスクワ、イスタンブール、アンカラ、アテネ遠征
7位 ニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア遠征
8位 ヴィッツVRMN申し込みと試乗
9位 新名神高速、川西JCT=神戸JCT間走行

1位はなんだかんだでダントツ。これを挙げないと父親失格だ。超プライベートなことなので本コラムではこれまでサラッと一度だけ取り上げただけ。読み手側にとって全くの赤の他人様の子供話ほどつまらない話題はない。だから子供ネタは書かない主義である

ただランキングなので、せっかくなので一つだけ書いておきたい。

「健康体で生まれてきてくれたことに感謝」

これに尽きる。何かしらの障害を抱えた子だったら、我が人生は大きな設計変更を余儀なくされることになった。世間より遅いデビューとなったが、無事1女1男の2人の子供たちに恵まれたことは感謝以外なにものでもない。無事健康体で生まれてきてくれた、それだけで十分である。健康体である限り、その先の人生は努力さえすればたいていのことはなんとでもできる。我が子が22歳大学卒業を迎える頃は私は67歳の高齢者。さてどうなることやら。

2位は株式投資である。数年前からずっと取り組みたいと思っていた。でもこの直近の5年間の私の身の回りの生活環境は激変に次ぐ激変の連続。株式投資に取り組む余裕がなかった。この5年間に入籍、転居、結婚式、長女誕生、マイホーム購入、母死去、そして長男誕生。41歳から人生の大イベントを立て続けにこなした。7月に長男誕生してから一息つくことができたため、株に挑戦することになった。

はじめて株式を購入してからわずか2週間後から始まった株価下落。12月に入ってから毎日含み損が毎日5万円ずつ拡大。株式投資デビュー時期としては最悪となった。でも私はこんな程度の下落で退場するつもりは全くない。むしろ最初の段階から株の怖さを経験できたことは長い目で見るとむしろ感謝したいぐらいである(と強がってみた・・・涙)。

3位はWebサービスの立ち上げである。この数年間、Webアプリケーション開発スキルを着実に付け、大抵のことは自分で作れるまでに成長できた。せっかくつけたスキルはただ持っていても宝の持ち腐れになっていまう。得た知識はアウトプットしてこそ価値がある。その第一弾が「キューRクラウド」のローンチである。今年春からゼロから開発に着手し、ようやくローンチまでこぎつけた。来年は実益に結ぶ付けるのが目標である。詳しくは本コラムの最下段のバナーをクリックしてもらいたい。

4位は23年契約していたauとお別れを決断したこと。契約して3ヶ月が経過し改めてUQに乗り換えして本当に良かったと思っている。通話もほとんどしないため、毎月の月額料金はたったの1680円で済むようになった。au時代と比べ毎月4000~5000円もコストダウン。UQアプリの節約モードも最高である。UQとは長い付き合いになりそうだ。

来年もいろんなことに挑戦していきたい。年齢を重ねるにつれて多くの人たちは昨日の続きを淡々と繰り返す毎日を過ごすようになるがそれだけは避けたい。日々新たなことに挑戦しつづけてこそ進化なり。既に人生折返し済。残された人生時間はどんどん減っていっている。人生時間は最大なる財産である。大事につかっていきたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp