2019年02月01日記載
CentOS7+MySQL8.0.15、ソースコードインストール
(本文章はMySQL8.0.14リリース時に書きましたが、その後IPv6無効時の動作バグが発見され、8.0.15がリリースされています。)

CentOS 7.6にMySQLが8.0.13から8.0.15にバージョンアップを行った。いつものようにソースコードからインストールを実施したが、8.0.13ではうまくいったのに、最新バージョンではインスール作業で何点か失敗したのでメモとして記録しておく。同じような境遇で困っている人のために。

環境はCentOS 7.6。すでに「base」及び「development」をグループインストールしていることを前提として説明する。

> yum -y groupinstall base
> yum -y groupinstall development

またMySQL 8.0シリーズで必要なプログラムも事前にインストール済とする。

> systemctl stop mariadb.service
> systemctl disable mariadb.service
> yum -y remove mariadb-libs
> yum -y install cmake
> yum -y install ncurses-devel
> yum -y install openssl-devel

MySQL 8.0.13まで問題なかったビルドが、8.0.14からビルドエラーが発生するようになった。エラーはこんな感じで止まる。

[ 52%] Built target rpl
[ 52%] Building CXX object sql/CMakeFiles/sql_main.dir/json_dom.cc.o
json_dom.cc: In function ‘Json_dom_ptr merge_doms(Json_dom_ptr, Json_dom_ptr)’:

Google先生に調べたところ、gccのバージョンが古いためのエラーのようだった。
CentOS 7.6のデフォルトパッケージでインストール済のgccはバージョン(4.8.5)とかなり古い。そこでgccを8.2.0(2019年1月31日現在)へバージョンアップを行う。

> yum remove gcc
> wget https://ftp.gnu.org/gnu/gcc/gcc-8.2.0/gcc-8.2.0/gcc-8.2.0.tar.gz
> tar zxvf gcc-8.2.0.tar.gz
> cd gcc-8.2.0
> ./contrib/download_prerequisites
> mkdir build
> cd build
> ../configure --enable-languages=c,c++ --prefix=/usr/local --disable-bootstrap --disable-multilib
> make
> make install
> gcc --version

無事8.2.0(2019年1月31日現在)となっていたら一安心。
お膳立てできたので、いつものようにMySQL本体を解凍してからビルドを実行する。

> tar xvfz mysql-8.0.15.tar.gz
> cd mysql-8.0.15

ソースを展開したディレクトリ内でcmakeを実行すると叱られるようになった。サブディレクトリを作ってからcmakeを実行すれば黙って動いてくれる。

> mkdir build
> cd build
> cmake .. -DDEFAULT_CHARSET=utf8mb4 -DDEFAULT_COLLATION=utf8mb4_ja_0900_as_cs -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DENABLED_LOCAL_INFILE=1 -DDOWNLOAD_BOOST=1 -DWITH_BOOST=/usr/local/boost
>make
>make install

もしかしら、cmakeもバージョンが古くて跳ね返さえる人もいるかもしれない。せっかくなのでcmakeもバージョンアップしておこう。

本日の株式資産状況(2/1朝現在)
東芝 ▲66,300円→▲51,300円(↑)
資生堂 ▲113,700円→▲94,100円(↑)
AT&T ▲136ドル→+216ドル(↑)400株売却
Unilever ▲124ドル→▲204ドル(↓)
Visa +757ドル→+498ドル(↓)

AT&Tはすぐに株価回復したため、昨日追加投資した400株分を早々に売却。わずかな利益だが欲張らずコツコツいきたい。ビザは好決算だったがマスターカードの方が国境越え決済が安定していたことを理由に一部マネーが逃げた形で大きく下げた。もう少し大胆に下がってくれれば追加投資したいが、中途半端な下げなので現状維持とする。

ユニリーバの決算がどうやら悪そう。株価が反応するか注目。ガツンと下がれば追加投資を行いたい。FOMCの結果を受けて全般的にかなり高めの水準が目立つ。来週まで続く決算ラッシュ。決算発表後に一時的に下がる銘柄を丁寧に短期で拾っていきたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp