2019年02月17日記載
すかいらーくHD、優待欲しいのに含み損恐怖症が発病か
注目していたすかいらーくHD株。想定通りの値動きだった。決算がたとえ悪くても、さらに配当が半額に改変されても、個人株主比率が70%以上もあるたすかいらーくHD株主にとって、優待制度こそ最重要項目であって、優待制度さえ堅持されれば株価は維持される。

昨日、下落したにはしたが、期待ほど下がらなかったのは、そのあたりが理由だろう。

私自身、すかいらーくグループのヘビーユーザである。おそらく週一回は利用している。店舗は適度にローテーションしながらも、「レストラン=すかいらーくグループ」の利用頻度が高いヘビーユーザだ。だからこそ、この機会に株主となって純粋に優待が欲しいと思っていた。

優待目当てとはいえ、含み損状態で我慢しながら保持し続けるのだけはどうしても避けたい。ターゲット価格は1600円以下で待ち構えていた。残念ながらさすがにそこまで下がらなかった。このまま指をくわえて買わずにスルーし続けるのか、それとも試しに今の株価で単元株だけ買い、株主気分に浸るべきか悩んでいるところである。

1600円で待つのはやはり待ちすぎなのか?
含み損恐怖症がかえって買うチャンスを逃している?

せっかく資生堂株を手放して生まれた余力。含み損に転落したら素直に優待を待ち、想定以上に上がったら利確する、そんなつもりなのになぜか買いに走れない。

含み損恐怖症は、どうも想像以上のツワモノになりそうだ。来週も引き続きウォッチしていきたい。

本日の株式資産状況(2/16朝現在)
東芝 ▲106,800円→▲76,800円(↑)
AT&T +108ドル→+364ドル(↑)
McDonald's ▲56ドル→+46ドル(↑)売却
Verizon ▲134ドル→+78ドル(↑)
Coca-Cola ▲213ドル→▲402ドル(↓)300株追加購入

マクドナルドを売却した。いろいろ考えたがマクドナルドでキャピタルゲイン狙いは時間が掛かりそうとの判断。更に値下がりしたコカ・コーラを300株追加、合計600株の集中投資で勝負することにした。

万が一、もう一段階コカ・コーラ株価が下がり、目安として44.5ドルまで下がったら、ベライゾンかAT&T株(その時点で含み益が大きい方)を売却して、更にもう一回ナンピンを仕掛けたい。

訴訟リスクを抱えるジョンソンエンドジョンソンの急落相場と違って、コカコーラの経営リスクは今のところ全く見当たらない。したがって、今一度株価が48ドル付近まで上がる時期がやってくるとみている。48ドル以上になったら売却する計画。

この判断が果たして正しいのかはいずれ答えが出るだろう。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp