2019年02月19日記載
韓国政府はクソだが韓国人はクソではない
「一部を見て全体を語るべからず」。木を見て森を見ずと同様に私たちは常に意識しなければならない。たまたま旅行先で出会った人の対応が悪かっただけで、地域全体が悪いと決めつけたりはしていないだろうか。

反米国家の代表であるイラン。テレビ画面を介して見るイランの市街地光景に星条旗を燃やす画面を頻繁に目にする。これを見てイラン人はアメリカが嫌いと感じる人が多い。だが実際はイラン人にもアメリカ好きは多い。政治的に公言できないだけである。

お隣の韓国も同様だ。韓国政治は言うまでもなく国内政治が不安定になると反日を掲げないと国内情勢をコントロールできないクソ政治だが、だからといって一般庶民である韓国人全員がクソであるかといえば、全くの別問題。

生まれてから反日教育で育った環境とメディアに影響力のある著名人は表立って親日と発言できる環境でないことを理解しておきたい。韓国に戻ったBoAやユンソナの自国での発言を聞いてショックを受ける日本人こそ問題である。もっと彼女らの心の中にある真意を読み取るべきである。

私たち日本人は韓国政府は批判しても、同じレベルで一般人である韓国人を全否定するのは的はずれであり、別次元で考えなければならない。個々人の思想と韓国要人による発言とは比例しない。昨年末から今年にかけての観光目的による訪日韓国人が堅調に推移しているのがなによりも証拠だ。

日本人は好き勝手にネット上で総理大臣をコケ落とす発言をしても自由で居られるが、即刻クビを取る国も多い。北朝鮮はもちろんだし、中国も下手な政治発言や意図がなくても撮影禁止箇所で不用意にカメラでも向けたら、いつ拘束されてもおかしくない怖い国であることを知るべきである。

今週末、沖縄で県民投票が行われる。法的力もないのに県民の血税を使い投票を呼びかけ、県民全体の創意を口実に責任逃れをする一部の政治家。本当に馬鹿げている。普天間はどうするつもりなのか。宜野湾市の気持ちを考えたことはあるのか。一部だけみて全体思考に欠ける愚策そのものである。

話を韓国に戻す。

素直に私たち日本人は韓国政治をみて「可哀相な国」と見ているだけで良い。そして日本政府も「遺憾」「遺憾」「遺憾」ばかり口にするだけでなく、経済制裁をちらつかせるぐらいの強気の発言も聞きたいものである。

猛烈な受験戦争、財閥就職失敗=貧困生活、徴兵制度。可哀相な国ではないか。文在寅大統領もきっと任期終了後は逮捕されるだろう。歴代大統領の退任後に政権交代すると必ず大統領が逮捕される理解不能な国家。唯一国家を結束できるのは「反日」だけなのだ。

自由に親日と言えない国家の事情をもっと知っておくべきである。そして海外旅行にいけない韓国人が抱く日本のイメージなんて、すべてマスメディアや政治から洗脳されていることを理解しておきたい。

日本に訪れる韓国人を素直に歓迎しよう。政治と一般国民を同じ感覚で扱ってはならない。せっかくの隣国なのだから冷静に受け止めたい。

心に余裕を持とう。

本日の株式資産状況(2/19朝現在)
東芝 ▲76,800円→▲61,800円(↑)
AT&T +364ドル NY休場
Verizon +78ドル NY休場
Coca-Cola ▲402ドル NY休場


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp