2019年03月01日記載
米朝首脳会談、合意決裂は至極まっとうな判断
2回目の米朝首脳会談。「合意に至らず」これを聞いて正直ホットした。万が一合意となれば、アメリカが譲歩することを意味するからだ。北朝鮮の核戦略は唯一の外交カード。簡単に手放すわけがない。

トランプ大統領にとって最重要課題は長距離弾道ミサイルを飛ばさないことを北朝鮮と確約させることである。交渉決裂ではなく継続する意思表示をしておけばミサイルは飛んで来ない。それだけでも今回の会談に意味があったと思っている。

北朝鮮に限らず朝鮮半島は過去どんな約束であっても簡単に反故にする国。核を完全廃棄させ、牙が抜かれた状態をアメリカ自ら現地に入り直接確認できるまで一切たりとも経済制裁は解くべきではない。

日本時間未明に北朝鮮は「完全な制裁解除」ではなく「部分的な解除」と訂正があったが、完全だろうが部分だろうが同じである。今回ばかりはトランプ大統領の判断を評価したい。

交渉決裂ではなく交渉継続する意思を示した状態を維持している間はミサイル発射防衛も維持できる。それ以上のことを北朝鮮に求めても仕方がないしそれで良いと思っている。

IHI株は3月末からゴールデンウィークあたりにかけて上昇気流に向かう(正確にいれば通常の株価に戻る)と見込んでいる。資生堂株から学んだように低迷時期は何もせずにじっと耐えるのではなく下落局面だからこそやれることを淡々と続ける。そして最後は熟した大きな実をいただく。

3月31日を権利落ち日として1株あたり30円の配当も予定されている。大輪の花が咲く前の状態。しっかり種まきをし強い根を張っておきたい。

さぁ、今日も下がっても上がってもどちらでも構わない。ただし当日中はチャートが6円以上乱高下してもらうことが条件である。シンプルな右肩下がり相場はこの手は使えないからだ。

【本日(3/1朝)の株式資産】
IHI ▲27,300円→▲31,640円(↓)
AT&T +616ドル→+656ドル(↑)
Verizon +404ドル→+448ドル(↑)
Coca-Cola ▲639ドル→▲261ドル(↑)

コカ・コーラいよいよ反撃開始。一時含み損が60ドルほどまで圧縮したが、大引け前の1分間で200ドルほど引き戻されてしまった。今夜中の含み益への回復を願う。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp