2019年03月11日記載
株式投資と自動車免許の初心者期間はすべてに類似する
自動車の免許を取得して最初の半年は慎重と緊張の2つによって楽しさやスリルより事故しないことを最優先し、技術よりも事故しない運転を強く意識した緊張運転から始まる。

そして徐々に慣れ始めた半年を過ぎたあたり。車庫入れや電柱との接触等の自損事故をおこすようになる。凹んだマイカーをみてショックを受ける。自損事故が減り始めると、今度は走行中による事故をおこす。私自身、車対車の物損事故をはじめ、対バイクとの人身事故を起こした苦い経験を持つ。

私は過去に自身の過失による物損衝突事故を4回、人身事故を2回起こしたことがある。人身事故2回はいずれも私が4輪、相手はバイクであり、バイク特有の動きの見落としから発生した人身事故だった。

幸いにして被害者の怪我は全治2週間の軽症で済んだから良かったものの、一歩間違えると人生を狂わせていた可能性すらあった。

そしてある時からピタリと事故は止まり、約20年間無事故(無違反ではない)で過ごすことができたのは、若年時代に犯した失敗を反省し、再び同じ過ちを繰り返さない強い意思によるものだと考えている。

ただし事故にならなかったものの、事故一歩手前のヒヤリハット経験は残念ながら数年に一回体験している。たまたま事故にならなかっただけ。今思い出すだけでも心が苦しくなるヒヤリハット。

事故を起こすと金銭的や精神的制裁だけでなく、時間的制裁を受けなければならない。だからこそ結果的にヒヤリハットであっても、事故同等の失敗として深く反省しなければならない。事故はもちろんヒヤリハットもゼロ化してこそ、真ある安全運転となる。

これからも二度と自らの過失によって自動車事故を起こさない。全身全霊で誓いなら毎回ハンドルを握りつづけていく。

さて、株式投資を初めてまもなく4ヶ月。まだまひよっこ初心者マークな投資家だ。わずかな時間しか経過していないのにもかかわらず、早々と数々の失敗を犯した。慎重な投資を試みたのは最初の1ヶ月だけ。すぐに慎重さは消えて投資というものを舐めてかかって大胆投資。そして失敗。なにか自動車の運転に対する行動と似ている気がしている。

集中投資、買い付けタイミング、一括高額買い付け。油断から生まれた失敗の数々。これまでの失敗体験を無駄にすることなく、今一度原点に立ち戻って冷静な投資戦略の立て直しを練っているところである。

IHI株は本当に高い勉強代となった。まもなく4月。あらゆる生活環境を一新する良い機会である。集中投資戦略する前にまず手堅い運用で確かなプラス実績を積んでから集中投資をはじめても決して遅くない。

今は失敗しない投資を優先すべきだと反省中だ。たとえ退屈でも冷静沈着な投資で小さな成功体験を積み重ねていく。目先の含み損でも平常心で過ごせる精神力は経験を積む以外に鍛える術はない。全体バランスを見ながら臨機応変なポートフォリオに再構築していきたい。

そのため、もうしばらく所有銘柄の頻繁な入れ替えは続く。試行錯誤を繰り返しながら、自分なりの投資スタイルを着実に固めていきたい。

今後、株式投資ネタの出現回数が減り始めたら順調な証と捉えてもらいたい。投資失敗したら包み隠さずこれからもこの場でオープンにしていく。失敗を公表することは自らの反省材料として記録になるからだ。

失敗に目を背けない。恥ずかしい失敗でも公表することで自己叱咤をする。年齢的に誰からも叱ってくれない。だからこそ自分自身で叱る。失敗に蓋をしたらおしまいだ。

【累計損益】日本株 ▲278,913円

大きくなったマイナス数字。ゆっくりでもいい。少しずつ減らしていきたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp