2019年03月25日記載
アライドアーキテクツ様、小魚なのかマグロなのか?
クソ株IHIを捨てた後、買い直ししたJALとKDDI。明日火曜日が権利確定日となっている。通常、権利確定日直前は株価が値上がりし、権利落ち日以降に下落するのが通常だが、日本株はどうも単純に動かないらしい。

JALもKDDIも日本株の中では配当利回りの高い銘柄であり、多少の含み損でも配当額が含み損を上回れば何も問題ないことになる。

KDDIは楽天の新規参入とセットで国からの圧力による料金値下げからの業績低迷リスクに嫌気がさされ、株価は絶賛下落中である。私が参戦したのが比較的低い水準から入ったのにも関わらず含み損となっているので、それより以前から所有している方たちは相当な含み損になっていると思われる。

本日朝のKDDI株の含み損は5,850円。1株あたりの配当額は100円が見込まれ現在300株保有。計算すると税引後24000円が来月証券口座に振り込まれる予定。したがって単純に含み損が24000円を超えるまでは安心してみていられる状態となっている。

JALは1株あたり配当額57円50銭の予定。300株所有なので税引概算13800円の見込みである。これに加えて株主優待券が2枚発行されるので、受領後にすぐに金券ショップに持ち込めばおそらく1枚6500円以上で買い取ってもらえるため、配当と合わせれば実質26000円程度の還元が得られることになる。

株価の未来は予想できないとはいえ、JALの過去チャートをみる限り、権利確定日以降に一旦大きく落ち込んだ後に反発して再び4100円台まで回復することが多い。今年もぜひそうなってほしいと願っている。

一方、KDDIは例年とは少し違う。株価もこの先回復するかは不透明。それだけに一抹の不安はあるにはあるが、配当利回りが高いだけに長期保有する栄養剤となっている。これまで長年auユーザであったことに加え、今もUQユーザである。個人目標株価2700円と設定し、そこまで回復するまでホールドを継続したいと考えている。

すかいらーくHDは安定している。日経の地合いがどんなに悪くても、わが道を進む感じが見られる。個人株主比率7割を誇る銘柄だけに機関に振り回されない安定感がある。100株の保有でも半年に一度3000円のチケットを貰える。それだけで十分である。これからも長期でホールドし続けていきたい。

遊び心で買ったsMedio。このままダンマリ相場が続くのか、それとも突然変異するのか。もちろん後者を期待しての買いだが、ずっと停滞で終わってしまう可能性もある。もうしばらくは静かな水面に垂らす釣り糸のように、じっと見つめながら、退散するかそれとも我慢して待つべきかを、適時考え抜く時間となりそうだ。

最後にアライドアーキテクツ。はじめて順張りで買った銘柄である。3日連続値上がりした銘柄だったので参戦。これまでなら買うことのなかったチャート。しかしなにか匂いを感じた。今回はじめてまっとうな順張り銘柄に手を出したのがここだった。

アライドアーキテクツ:6081と同じような値動きで買うか迷っていた銘柄があった。日本システムウェアNSW:9739だ。当時アライドアーキテクツを買うかNSWを買うか迷った銘柄だ。どちらもすでに化けているが、大化けという意味で結果的にアライドアーキテクツを選ぶことができたのは、自分にも投資運が巡ってきたと思いたい。さて本日どうなるか。

水面下に潜っている釣り竿の先に食いついたのが小魚なのかそれとも夢の大マグロなのか。IR材料があまりにも素晴らしいだけに、通常のストップ高とは次元が違うはず。願いはIHI株の損失をまとめて一気に片付けてられないだろうか。

あまりにも自分の中で期待が大きすぎるとたいていコケる。だから冷静で見届けたい。

ウッシッシ・・・。いかんいかん、何が冷静だ。無理だ。ニヤケが止まらない。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp