2019年04月28日記載
大型連休、なぜ多くの投資家ブロガーは暇を持て余すのか?
昨日からの10連休、それぞれの立場によって過ごし方はマチマチだろう。エンドユーザ向けの接客系のお仕事をされている方は多忙な10日間だろうし、通常の会社員ならカレンダーどおりの大型連休に突入していると思われる。

連休中、何も予定がないくて暇だというなら、今すぐ考えを改めたほうが良い。人生時間は有限だ。人生時間の大半を就業で取られているのだから、連続で得られる大型連休こそ価値ある時間で満喫しなれば人生時間を捨てていると同じ。

今年は大型連休を利用して海外に飛び出す人が特に多い。私もその一人。大型連休だからこそ普段行けない場所に出かけていく。今年の旅程は中5日間。出発前と帰国後にも前後で国内で自由の時間があるのはとても嬉しい。帰国後もすぐ仕事することなく数日の休暇があるため気持ちにゆとりを持った旅行ができそうだ。

ところで、他の方の投資ブログを書いている人には多くの共通点があるように感じる。

・アーリーリタイアを目指している
・趣味と呼べるものがない(少ない)
・連休は特に大きな予定がない
・結婚するぐらいなら自由な自己資金で投資するほうがマシ
・消費財の車を買う人を滑稽と感じている

などだ。

もちろん上記の要素は一般論。すべて当て嵌まる人は少ないかもしれないが、概ね上記のうち3項目以上該当する人は多いのではないだろうか。

日常生活において、できるだけ消費を少なく抑え、その分を投資に回すことで、より多くの資産形成に到達できる。投資哲学おいて正しい選択だ。

しかしもっと大切のは毎日充実した人生を過ごすことにある。限られた自分に与えられた自由な時間。お金がかかるようなハマる趣味を持ったり、家庭を大切したり、マイカーを所有して運転したり。時間を有効に活用してこそ人生の付加価値が高まるというものである。

いくら資産だけ順調に増やし、会社に就業しなくても不労所得が手に入れたとしても、休日なにもすることがなく暇を持て余すだけの人生を手に入れて果たして価値のあるものだろうか。

たしかにお金は大切、お金に困らない生活を手にするための投資は意味がある。

でも、欲望を抑えながらの節約生活、遊びを我慢し、欲しいモノがあっても買うのを我慢、結婚も我慢、生活空間もお金をかけず車も買わない生活。果たして本当に価値のある人生なのかといえば当然ノーである。

一定のお金を使いながら、自由に使える自分時間を満喫してこそ、価値のある人生である。時間もお金もどちらも大切な資産である。

中でも大型連休中、アメリカ市場のウォッチ以外に特にやることがないとはあまりにも寂しい。一体なんのために投資なのかと他人ごととはいえ、気になってしまう。

少なくとも私は社会人になって以降、暇で退屈な時間と思ったことは一度たりともない。お金も時間も大切な資産。どちらも有効に活用していきたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp