2019年05月08日記載
大塚家具から見る父娘の関係、父は娘に弱い生き物
いつの時代も父は我が娘が一番かわいい。年を重ねても父娘の関係は変わらない。たとえ娘からシャットアウトされ、父が泣いたとしても、娘が和解を申し入れされたら過去のことをすべて許してしまう。それが父親である。

大塚家具の大塚久美子社長が大型連休前に父である勝久氏に和解申し入れた。4年ぶりの再開。父は「来てもらえただけでうれしい。元気な姿を見て安心した」とニュースで知った。テレビのインタビューを受ける勝久氏の表情を映像で見たが本当にうれしそうだった。

大塚家具の経営は火の車だ。おそらく父が経営する匠大塚も差はないと思われる。中国資本を入れ、ひとまず目先の資金繰りからは開放された。ハイラインズに対し割り付けた第三者割当は1株290円。当時の株価より40円も安い価格設定だった。

ハイラインズは割当された増資分の株式を少しずつ一般市場で売り続け株価は下落し続けた。290円をボーダーで一旦もみ合いが続いたものの、その後、底が割れ、一時263円まで下落した。

そんな株価下落が止まらない状況の中から出た父との和解報道。これが材料となり連休前に続いて、連休明けの相場も大暴騰。一時20%も株価まで上昇した。上昇といっても私が最初に参戦した330円も攻防まで値を戻しただけだが、株価単価が低い銘柄にとって率で表すとすごい上昇数字となった。私もこうした当時、突然の突き上げを期待し大塚家具に手を出したもの失敗に終わり撤退。今回再び発動した昇竜拳。残念ながら指を加えて見ているだけだった。

投資より投機。日本の小型株の最大の面白さである。これまでずいぶんと失敗してきた。今はJALとアライドアーキテクツの含み損株を抱えて耐える毎日。とにかくアライドアーキテクツの暴発する日を期待しながらもうしばらく我慢の日々が続きそうだ。

【本日(5/8朝)の株式資産】
AT&T +428ドル→+404ドル(↓)
British American Tobacco ▲1233ドル→▲1371ドル(↓)
Coca-Cola +846ドル→+705ドル(↓)
Boeing ▲28ドル→▲315ドル(↓)
3M ▲198ドル→▲394ドル(↓)
American Airlines +656ドル→+488ドル(↓)
NextEra Energy +89ドル→+54ドル(↓)
Pfizer +370ドル→+247ドル(↓)

日本航空 ▲59,700円→▲31,800円(↑)
アライドアーキテクツ ▲38,000円→▲26,000円(↑)
すかいらーくHD +10,000円→+9,900円(↓)

さて米国市場。円高が進んだこともあり、昨今の米中貿易協議の行方により株価下落の期待から、手持ちの追加投資資金の円をドルへの転換を行った。追加投資体制はいつでも可能な状態となった。

当初はアメリカン航空株やファイザー株の売却時期を探っていたが、結果的に希望する売却単価ではないこと、中国への関税発動となった場合でも直接影響が少ない銘柄であるなどの判断から、下落局面でも売らずにホールドすることにした。

昨晩のNYは引け直前に多少持ち直ししたものの、時間とともにキレイな右肩下がりの相場となった。ほぼすべての銘柄で前日比マイナスで終了した。

米中貿易協議ではどのような決着になろうとも中国の負けは決まっているが、対するアメリカにとっても、中国がアメリカの要求を拒否し関税強化が実行した場合、アメリカ経済だけでなく世界全体においてもマイナスの影響を及ぼす。

私個人としては暴落に対する防衛策はすでに整えている。追加投資資金も確保済。個人的な願いはNYダウは23000ドル前半あたりまで下落してほしいと勝手に期待している。

企業業績とは関係なく地合いの悪化は絶好の買い場である。少なくとも今週木曜日までは昨晩のような下げ基調が続く可能性が高いとみる。そのため今週は追加投資の実行せず軟調相場を期待しながら様子を見ていきたいと考えている。

最大のターゲットはボーイングの追加投資。他では優良銘柄(V、PG)の地合い下げ。どこまで下げるのか、それともすぐに反発するのか。いろんな意味で楽しみな一週間となりそうだ。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp