2019年05月17日記載
RIZAP劇場は昨日で一服、信用口座開設で戦う道具は揃った
RIZAP劇場は昨日で一服した。朝一番ではストップ安の気配だったが、ザラ場が開始すると特別気配でしばらく寄り付かなかった。昨日売らずに決算超えの勝負は見事に負けてしまったが後悔はない(少しはあるが・・・)。

むしろ致命的な下落局面にならずに良かったと思っている。RIZAP株のような班長博打銘柄を持ち、今回のような激しい株価で揺さぶられても平然といられるようになったのは株式投資歴6ヶ月の経験の積み重ねによるものと思っている。

半年前は10万円以下の銘柄を単元買うだけでドキドキした。そんなビビリの心境はほぼ消失。多少の価格変動ではどっしり構えられるようになった。怖いのは金銭感覚の麻痺。決して一線を超えないように気をつけたい。

さて、経験歴半年を超えたためこのほど信用取引口座を新規開設した。まだ信用取引は使っていないが様子をみながら、少しずつ慣れていこうと考えている。さすがに現物と違って勇気がいる。塩漬けができないために早めのジャッジが求められる。

現物だけだと、今後日経が大幅下落局面になったとき対抗手段を持ち合わせていないのはやっぱり悔しい。普段は使わなくてもイザというときに使いたい。そのために少額ながら全くの別銘柄でトレーニングを繰り返していくつもりだ。

すでに傷を追っている日本株市場で信用取引で更に傷に塩を塗る可能性も十分にあるが、ここで負ける訳にはいかない。と言いつつも負けに負けを重ねる可能性も秘めている。さらなる失敗談を語ることになってしまうかもしれない。

JALから優待券が届いた。株価は最低な状況だが株主様へ封書が届くと嬉しい。JALの株主になったんだなと実感できる。JAL株はそろそろ反転しても良い頃だが、いかんせん10日時点の信用倍率が22倍とべらぼうに高い。もうしばらく我慢するしかなさそうだ。

【本日(5/17朝)の株式資産】
日本航空 ▲104,100円→▲96,300円(↑)
アライドアーキテクツ ▲59,000円→▲66,000円(↓)
RIZAP +66,000円→▲20,000円(↓)
京浜急行電鉄 +15,200円→+22,600円(↑)
すかいらーくHD +2,200円→+13,500円(↑)

AT&T +692ドル→+840ドル(↑)
British American Tobacco ▲1347ドル→▲1407ドル(↓)
Coca-Cola +1059ドル→+1179ドル(↑)
Boeing ▲480ドル→▲235ドル(↑)
3M ▲644ドル→▲759ドル(↓)
NextEra Energy +208ドル→+275ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲269,535円(→)
米国株 +3568ドル(↑)

3Mはまだ下げ止まらない。来月になった時点で全体の情勢次第だが、低迷するBTIを配当狙いで一時的な集中投資を行うか、それとも3Mの反発狙いで勝負するかを判断したい。それまで静観する。BTIから配当金157.7ドルが入金された。

ボーイングは737MAXの修正プログラム完了通知で一時急騰。いずれ再開されるであろう運行開始許可が出たら一気に株価は上昇するとみる。当面は30株所持で株価上昇を待ちたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp