2019年06月13日記載
老後2000万円問題、現実を突きつけるのも政府の仕事
高齢者社会と平均寿命の長寿化。この2つの問題は誰でも知っている。当然年金だけで生涯安心して生活はするには厳しくなるのは想像できる。今回具体的でリアルな金額が表に出たことで一騒動となっている。

2000万円の数字を見て政府批判したい気持ちになっていたなら、今日から考えを改めたほうが良い。もちろん年金制度だって崩壊しない。ただし年金収入だけで安定した老後が暮らせないということを言っているにすぎない。年金崩壊と不足する生活費とは分けて考えるべきである。

もしあなたが年金を返してほしいとか、国に騙されたとか考えているなら、まずあなたの考えを即刻整理すべきである。

野党が政権与党に対する批判しているのは、金融庁からの報告内容を公式な報告書をとして認めないとした政府主張に異論を唱えるものであって、2000万円の試算に対する批判でない。

しかしテレビ朝日は完全にトンチンカンな報道を繰り返している。左翼系メディアだと私の中で理解はしているものの、批判の矛先が根本的に間違っている。将来起こり得る現実から目を背き、年金崩壊的な報道を繰り返す行為はとても責任のあるメディアとはいえない。

将来の日本のあるべき姿を全国民に今のうちに現実を突きつける。2000万円という数字を見て改めて不安に感じる国民がいて何が問題なのだろうか。むしろ正しくリアルな数字を示すべきであり、曖昧にして隠蔽するほうが現実から目を背かせ、むしろ問題ではないだろうか。責任のある政府なら正々堂々と正しく数字を示せばよいのだ。

さて、私の将来設計はどうか。老後生活を年金だけで安泰生活できるなんて最初から全く考えていない。だからといって年金制度が崩壊するとも考えてない。生活資金として年金をきちんと受け取りながら、不足する分は自分の力で収入を得続ける努力を生涯続けていくつもりである。

新たな収入源の一つに株式投資がある。将来衰退する日本経済ではなく、米国株に目をつけて投資を始めたのも、将来の安定的な収入源確保の一つだと思っているからだ。

直近の成績は散々たる内容。しかし何もせずに日本円をただ貯金だけの人たちより、必ず大きなリターンを獲得を身をもって結果を出していきたい。だからこそ損失が出ても包み隠さず負けても数字を公表し続けていくつもりだ。

【本日(6/13朝)の株式資産】
日本航空 ▲141,400円→▲137,900円(↑)
アライドアーキテクツ ▲48,000円→▲74,000円(↓)
RIZAP ▲1,000円→▲7,000円(↓)
すかいらーくHD +24,400円→+24,000円(↓)

AT&T +1032ドル→+1064ドル(↑)
British American Tobacco ▲951ドル→▲1527ドル(↓)
Boeing ▲366ドル→▲439ドル(↓)
3M ▲900ドル→▲899ドル(↓)
NextEra Energy +421ドル→+498ドル(↑)
American Airlines +520ドル→+780ドル(↑)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp