2019年06月20日記載
FOMC通過、もし来月利下げされると新たなバブルになると予想
世界の投資家が注目していたFOMCが通過した。内容は予想通りだった。マーケットの期待に反しない内容だったといえる。投資歴7ヶ月の初心者マークである私が言うと笑われるかもしれないが、なぜ今利下げを期待するのかどうしても理解できない。

本来利下げとは、景気悪化が明確になった時点での景気刺激対策となると解釈しているが、今の米国経済を見る限り、若干停滞になりかけている傾向は見られるものの、足元の実態経済は堅調を推移しており、今すぐのリセッションに対する兆候はほとんど見られない。

たしかに目先の問題である米中関係やイラン問題など政治的不安はある。しかし実体経済への影響とリセッションとは別次元であると考えており、まだ本格的な後退局面に入っていもいない今の段階、しかも株価は最高値をマークを目指す状況下で早々に利下げを期待するのは過剰すぎると思えて仕方ないのである。

FRBの中にも意見が対立しているように、利下げは時期尚早の意見も根強い模様で、マーケットの期待どおりに今年中の利下げ2回以上、しかも来月利下げを実行するのか私の考えでは半信半疑の状態である。

個人的に気になるのはもちろん株価がどうなるかである。今の株価はマーケットの7月利下げ期待が100%織り込まれていると言われている。G20終了後の各指数をみてFRBが来月の金利判断を下すことから、来月の経済指標を見てから次回のFOMC声明までにどう攻めるかを判断したいところである。

もし利下げが決定するようなことになれば、米国株は新たなバブルとなって、来年以降のリセッションに向けて最後のバブル上昇局面となると予想する。一方、利下げが見送られれば失望感によってFOMC声明直後から強めの調整局面になると思っている。

したがって来月のFOMC前である来月初旬あたりに何かしらのアクション(売買)を行って、現在のポートフォリオをどう組み替えていくかを判断していくつもりでいる。

【本日(6/20朝)の株式資産】
日本航空 ▲149,100円→▲143,500円(↑)
アライドアーキテクツ ▲62,000円→▲38,000円(↑)
RIZAP ▲17,000円→▲15,000円(↑)
すかいらーくHD +19,400円→+19,300円(↓)

AT&T +1172ドル→+1168ドル(↓)
British American Tobacco ▲1875ドル→▲1965ドル(↓)
Boeing +351ドル→+211ドル(↓)
3M ▲755ドル→▲811ドル(↓)
NextEra Energy +525ドル→+556ドル(↑)
American Airlines +1490ドル→+1835ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲152,710円(↑)
米国株 +4173ドル(→)

JALから配当金13149円が振り込まれた。平均取得額4000円の頃に権利を獲得した配当金である。現在のJAL株を見ると配当金をもらうより株価売買差益で稼ぐほうが効率が良い結果となっている。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp