2019年06月27日記載
どんどん買値から離れていく、辛い、辛いすぎる
アライドアーキテクツは一体どうなっているのかと思いたくなるほどの下落ぶり。株価を見るたびに元気がなくなっていく。このまま長期塩漬けになるのか、はたまたIHIを超える損切りになってしまうのか。もう頭の中が朦朧とするレベルに突入した。

対するJALも信用倍率が再び上昇し8倍台となった。数字だけみればとてもすぐに株価があがる状況ではない。とにかくJAL株がもたついている間にアライドアーキテクツ株がせめて500円台に再びタッチしてもらいたいと願っているが、願いは虚しく日を追って下落幅が増えていく。

米国株もBTIが権利落ち日直前なのにもかかわらずほとんど上がらない。おそらく米国内での電子タバコ規制が関係していると思われる。タバコ銘柄の成長性は全く期待できない。たしかにBTIは当面潰れる心配はないし、継続的に潤沢なキャッシュによる安心配当は継続されるとはいえ、目先の株価が下がっているようではやはり株を買った価値はない。

高配当株は基本的に株価は横ばい傾向が強い。安定した高い配当をもらうだけで満足して良いのか、3%程度の配当でも株価も確実に上昇する銘柄が良いのか。最近は配当はそこそこあって株価上昇の期待できる銘柄のほうに食指が動く。

とにかくBTIが今一度39ドル付近まで上がるタイミングを待つのみである。39ドルにタッチしたら即逃げるつもりだ。39ドル指値で待機する毎日である。

株価が下落してもいずれ上がると確信しているのはJALとボーイングと3Mである。大型株らしい安心感がある。しかし将来への成長が全く見通せないタバコ株は、残念ながら長期投資には向かない。

リセッションが先か、それとも売却して逃げるが先か。G20を直前にして不安ばかりが錯綜する。

【本日(6/27朝)の株式資産】
日本航空 ▲181,300円→▲189,700円(↓)
アライドアーキテクツ ▲144,000円→▲128,000円(↑)
RIZAP ▲14,000円→▲5,000円(↑)
すかいらーくHD +15,800円→+16,100円(↑)

AT&T +1208ドル→+1212ドル(↑)
British American Tobacco ▲1866ドル→▲1992ドル(↑)
Boeing +233ドル→+402ドル(↑)
3M ▲739ドル→▲754ドル(↓)
NextEra Energy +552ドル→+459ドル(↓)
American Airlines +860ドル→+960ドル(↑)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp