2019年07月03日記載
モバイルnanacoユーザでさえも7payへ誘導させる狙いとは
セブンイレブンも今月から「7pay」が始まった。一体nanacoと何が違うんだよと思ってしまう。nanacoの還元率が0.5%に改悪したことを踏まえ、セブンイレブンとしてはnanacoから7payにシフトしたい思惑がある。

たしかにプラスチックカードnanacoユーザをスマホアプリ決済に誘導する意味はあるだろう。しかしすでにおサイフケータイを使ってnanacoを使ってきた立場からみれば、決済ごとにいちいちアプリを起動してバーコードを表示させるほうが手間でしかない。

モバイルnanacoユーザをバカにしたのかと言いたいぐらいのサービスだが、プラスチックカードやFelicaチップを搭載していないスマホユーザもスマホ決済側に取り込みたいと考えるなら7payへ切り替えを促すのは経営上多少は理解できる。

だったらせめてnanacoのチャージ領域と7payアプリのチャージ領域を統合させるか、せめて移行サービスぐらい提供したらと思う。今nanacoに6千円以上も残金を入れいてるのに別途7pay用に改めてチャージしなけばならないのは不親切ではないだろうか。

しかも7payではnanacoでは可能な公共料金の支払いができない。このような状況でこれからnanacoをどう扱うかが悩みところだ。セブン以外でも利用場所が増えてきているnanaco。そんなnanacoの元祖であるセブンイレブンでnanacoではなく7payを斡旋されるこの状況。正直困惑している。

一番知りたいのはセブンアンドアイグループにとってnanacoの存在をどうしたいのかが見えてこない。nanacoを捨てさせて、全ユーザを7payへ移行させたいのだろうか。なんだかよくわからくなってきた。

【本日(7/3朝)の株式資産】
日本航空 ▲136,500円→▲135,800円(↑)
アライドアーキテクツ ▲146,000円→▲162,000円(↓)
すかいらーくHD +14,000円→+13,700円(↓)

AT&T +1564ドル→+1708ドル(↑)
British American Tobacco ▲1986ドル→▲1362ドル(↑)
Boeing ▲170ドル→▲226ドル(↓)
3M ▲638ドル→▲654ドル(↓)
NextEra Energy +483ドル→+585ドル(↑)
American Airlines +1670ドル→+1325ドル(↓)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp