2019年07月06日記載
対韓輸出規制発動、日本政府が牙を剥いた
人の感情はすべてが相対基準で判断している。すべてが比較のもとに評価を下す。だから普段からガミガミ怒っている人より、普段温和な人が切れるほうが圧倒的に怖い。

諸外国からみた日本は温和な性格に写っているのかもしれない。隣国かこれでもかと言わんばかりに煽り続けられても、都度「誠に遺憾だ」と述べるだけの国が日本だと思われていた。そんな温和な日本政府がついに牙を剥いた。対韓輸出規制の発動である。

新聞各社の社説を読むと多くは政府の対応を批判記事を書いた。今回の輸出規制に伴って、一部の企業に大きなダメージを与え、ひいては半導体を使用する国内メーカー全体に波及するリスクがあるからだ。それでも私個人として今回の対応は評価したい。

我慢に我慢を重ねて伝家の宝刀を抜いた日本政府の判断。きっと韓国政府は震え上がったに違いない。日本人からみれば、どちらが謝らねけれならないのは明らかなのだが、日本の常識が通用しないのが隣国である。

韓国政府は表向きは強がっているものの、実質上の対抗措置などなく、韓国国内でも今後の対応について意見が割れていると推測する。日本政府は毅然とした態度を貫いてもらいたい。

普段の生活の中でも似たような経験がある。いくらこちらから仲良くしたいと思っても、相手から憎ま口を叩かれたり、いつも嫌味を言われたりが何年も続く。いくら無視しつづけたものの一向に止めない人。あなたの近くにもいないだろうか。

韓国が日本を標的するには理由がある。国内政治の安定において、唯一超党派で意見が一致できる政治案件が反日政策だからだ。反日運動はあくまで政治的な理由でしかない

今後韓国政府はどう出るののだろうか。興味が深い。WTOへの提訴はやっても無駄なのは明らか。鼻息の荒い韓国副首相や洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相がいう、相応の措置とはどんな対抗案なのだろうか。

日本製品の不買運動の呼び掛け?
旅行取りやめ運動?

韓国国民の本音はわからない。一度も海外旅行経験もなく、メディアからの情報しか得ることしかできない韓国人からみれば日本のイメージは悪いだろう。しかし自分の意志で日本の地に足を踏み入れ、生の日本を直接肌で感じる韓国人なら考え方は異なる。

だからこそ私たち日本人は、メディアの情報に踊らされることなく、これからも訪日韓国人を積極的に受け入れて、政治とは切り離し、一人の外国人として迎え入れたいものである。

私が韓国に対する最も興味があるのは文在寅政権が任期満了したあとの行く末だ。想像どおりの結末になるのか。いずれにしても、韓国の揺さぶりに屈しない強い日本を期待したい。

【本日(7/6朝)の株式資産】
日本航空 ▲111,200円→▲104,000円(↑)
アライドアーキテクツ ▲134,000円→▲126,000円(↑)
すかいらーくHD +17,700円(→)
大塚家具 +3,000円→+8,000円(↑)

AT&T +1784ドル→+1912ドル(↑)
British American Tobacco ▲906ドル→▲816ドル(↑)
Boeing ▲186ドル→▲117ドル(↑)
3M ▲601ドル→▲750ドル(↓)
NextEra Energy +624ドル→+605ドル(↓)
American Airlines +1590ドル→+1460ドル(↓)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp