2019年07月18日記載
新タイヤを買うべきか?それとも見送るべきか?
日産から久しぶりに新型車(スカイライン)が発表された。スカイラインに興味があるわけではないが、昨今はゴーン氏逮捕から始まった経営陣のゴタゴタが続く中で昨年の新型リーフ以来の新車発表がなかった日産からの久しぶりの新車リリース。明るいニュースは素直に嬉しい。

日産に期待する車は、マーチの後継モデルとされる欧米モデルのマイクラが日本仕様として発売する可能性である。そしてもし出るとしたらマイクラのnismoバージョンは用意されるのかが個人的に一番気になるところ。

今回発表された新型スカイラインも、いずれnismoバージョンが出そうな雰囲気だが、基本的にハイブリッド車だし、車体が大きすぎて我が家の車庫に入らないし、価格もnismoモデルとなれば600万は超えてくるだろうし、それ以前にATモデルのため対象外。

私がほしい車は今では化石的な存在であるため、いつ出るのか、もしくは本当に出るのかさえ怪しい中、ひたすらどこからかのメーカーから発表があるのを待ち続ける日々である。

【譲れない条件】
・車体全長4500mm以下
・ターボまたはスーパーチャージャー搭載車
・マニュアルトランスミッション
・カタログ記載燃費13km/L以上
・4ドア以上
・諸費用込みで400万円以下
・パワーウエイトレシオ8kg/ps以下

【できればほしい条件】
・カタログ記載燃費15km/L以上
・燃料タンク45リットル以上
・諸費用込みで350万円以下
・パワーウエイトレシオ7kg/ps以下

現時点で探せば新車で存在するのは2台しかない。ポロGTiとスイフトスポーツだ。

今後出る可能性で最も高いとされるのがカローラスポーツのハイパワーモデル。本当に出るのか出ないのか今のところ、新しい情報は漏れてこない。雰囲的に秋までは動きがなさそうだ。

こうしてみてみると、マイカー(コルトRALLIART Version-R)はすべてクリアしている貴重な車だと改めて実感する。パワーウエイトレシオ6.81kg/psの車はそうそうない。あのヴィッツVRMNの5.38kg/psには敵わないが、コストパフォーマンスの面では優れた車だと思う。

24万キロを走ってもクラッチは無問題、ブレーキバッドも減りが少ない、ゲトラグのミッションも快調、サスペンションのヘタリもほとんどない。ボディだけは砂石傷により多少のダメージはあるが、それ以外で問題となりそうなところは見当たらない。

さすがに5万キロ走り3回目のタイミングベルト交換時期まで走ったら、交換してまで延命する気はない。だからこそサンデードライバーではほとんどいないであろう10年30万キロへ挑戦するのも悪くないかと思い始めている。

順調なマイカーも、気づけばタイヤの溝がいよいよやばくなってきた。前回タイヤ交換した時、今回が最後のタイヤ交換だと思ったが、どうやらもう一度新タイヤを買う可能性が高まってきた。

もし新タイヤを購入したら、残り5万キロ(累計30万キロ)走行できる体制が整う。いつ出るのかわからない未知の車を待っている間に来年3月には4回目の車検も迎えてしまう可能性すらある。手持ちにはすぐ交換時期がやってくるとおもって事前に買い置きしたブレーキバッド(前後)もある。

来月に入ったら、4回目のタイヤ交換とブレーキバッド交換に踏み切るべきかを最終判断する。

【本日(7/18朝)の株式資産】
日本航空 ▲159,000円→▲179,000円(↓)
アライドアーキテクツ ▲200,000円→▲186,000円(↑)
すかいらーくHD +20,800円→+22,600円(↑)

AT&T +1624ドル→+1458ドル(↓)
British American Tobacco ▲1392ドル→▲1458ドル(↓)
Boeing +227ドル→+566ドル(↑)
3M +7ドル→▲175ドル(↓)
NextEra Energy +598ドル→+659ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲134,908円(↑)
米国株 +6165ドル(→)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp