2019年07月22日記載
立花孝志氏の比例当選、幸福よりNHKが勝った!?
参議院選挙が終わった。結果はおおむね予想通りとなった。一点予想外の驚きだったのは立花孝志氏が比例当選したことである。彼が東京都都知事選挙に立候補したときは、そこらへんの泡沫候補の一人にすぎなかった。

そんな彼が国会議員になることが決まった。当選するはずもない全国の選挙区に「お前大丈夫?」的な候補者を立てまくり、党の存在感を高めることに成功。本命だった党首が比例1位で議席を獲得した。この結果は彼にとって最高の勝利だったと思われる。

参議院選挙の供託金は300万円。1議席獲得に向けて相当なお金がかかっただろう。同様の戦略で同じ諸派である幸福は今回も1議席も獲得できなかた。幸福よりNHK対策のほうが有権者からみて利益に叶うと感じた人が多かったということなのだろう。

そして「れいわ」に票が集まったのも今回の選挙で感じたのは長期政権に対する変化を求めたい声が一定数票に反映された感じだ。頼りない野党が選択肢にないと捉えた一定数の支持が集まった結果と思われる。

「れいわ」党首は衆議院を狙っているのは明らか。比例では党名よりも彼の名前を書いた人たちのほうが多い。おそらく党ではなく党首個人への応援した人が大半だと思われる。彼を応援した人たちが今回当選した2名も応援したいのかは疑問だ。

私は原発容認派(推進派ではない)である。「即時」脱原発を思想を持つ「れいわ」の支持が増えることは不愉快なのだが、民主主義において、彼のような現状とは違う思想の存在が一定数いることは意味があるし、そういった声を国会で掲げる議員も必要だろう。

しかし国会議員とは国民を代表とする存在であるわけで、政党ではなく議員個人に対しては一人ひとり高い気質が求められるべきだ。れいわ比例で当選した2名が国会議員としてふわわしい人物なのか。これからきちんと見定めていく必要があるだろう。

そして党の存続が危ぶまれた社民党。かろうじて1議席獲得したのも印象に残った。これからも細々と党運営が続いていきそうだ。

さて、参議院選挙も通過し政権の安定が確定した。外交対応についてはしばらく安心して良さそうだ。衰退に向かいはじめた日本経済。消費税増税によって経済がどう動くのか。日本株に行方が気になるところである。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp