2019年07月31日記載
ディープインパクト安楽死処分、こみ上げてくる悲しみ
昨日、ディープインパクトが安楽死処分となった。17歳だった。私の競馬史で最も心に刻まれた名馬がこの世を去った。ディープ現役引退後と同時に競馬にどっぷりハマっていた私生活ともお別れした。

デビュー戦こそライブで見逃したが、はじめてライブで見た衝撃の若駒ステークスから釘付けとなり、以降、引退まですべてライブで華麗なる走りを見届けてきた。父サンデーサイレンスの血を最も強く受け継ぎ、現役生活だけでなく、種牡馬になっても後も次々と優秀馬を輩出、これからも競馬会にディープの血は受け継がれていくことになるだろう。

私自身、最近はビッグレース以外ほとんど競馬を見ることがなくなった。たまに見る馬柱にある父の欄には内国産種牡馬の多さに驚く。わずか20年前は当時の呼称マル父の馬の存在は少数派だった。サンデーサイレンス産駒の活躍がやがて父になり、内国産種牡馬が世界で通用するレベルまであがった。

ディープインパクトは私が出会った競走馬の中で正真正銘の最強馬であり、父として内国産種牡馬全盛時代の立役者となった。名馬だった父サンデーサイレンスも数え切れないほどの子供たちを世に送り出したが、ディープインパクトはハイレベルの子どもたちと比較しても飛び抜けたスーパーホースだった。

社台ファームはこれまで数多くの外国産種牡馬を取り扱ってきた。中でもサンデーサイレンスの買付は今振り返ると奇跡といえる。もし当時不人気のサンデーサイレンスを社台が買わなかったら・・・。今日の日本の競馬会はとても世界レベルに届かなかった違いない。

サンデーサイレンスの終焉は蹄葉炎だった。ディープインパクトは腰椎骨折。なかなかシンザンのように老衰で世を終えることは難しい。それでも17歳まで頑張ってたくさんの優秀な子供を世に送り出したことに感謝したい。

ありがとう、ディープインパクト、そして、さようなら。

【本日(7/31朝)の株式資産】
日本航空 ▲226,000円→▲205,000円(↑)
アライドアーキテクツ ▲186,000円→▲204,000円(↓)
すかいらーくHD +22,000円→+21,600円(↓)

AT&T +1928ドル→+1856ドル(↓)
Boeing ▲399ドル→▲37ドル(↑)
3M +17ドル→+59ドル(↑)
NextEra Energy +703ドル→+634ドル(↓)

さぁ、今夜はFOMCである。利下げの内容だけでなく今後の利下げについてどう言及するのか。そしてマーケットはどう反応するのか。今年を占う意味で大イベントである。更にアップルの決算も控えている。前回の決算は決して褒められない内容なのにも関わらず株価は期待値だけで上昇した。さて今回はどうなるのか注目だ。

これらの結果を受けて、ボーイングに集中投資するのか、それとも・・・。あとJALの決算もある。こちらは決算内容に関係なく株価へのインパクトは限定的とみる。静かに見届けたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp