2019年08月22日記載
水は飲むな、ウサギ跳び、ボール拾い、長い下積み生活
私が子供の頃の常識だったものが今は非常識どころか問題化されそうなことがいくつかある。私が通った公立中学校では入学までに男子は全員丸坊主だったし、部活練習中は一切水を飲んではいけないと指導され、体力トレーニングは階段うさぎ跳びだった。

今なら確実に問題視されるレベルである。真夏の炎天下での練習中に喉が渇きすぎて喉の奥の粘膜がくっついてしまい呼吸困難で倒れたことがある。「甘ったれているから倒れるんだ」と罵声を浴びせられた記憶は今でも鮮明に脳裏に焼き付いている。

学校で宿題を忘れたら授業開始前にクラスのみんなの前で先生から両手でサンドイッチ方式ビンタのお仕置き。その後廊下で立たせる。体育の授業では前のランナーに追いつかなければ、平手打ちが飛んできたこともあった。

思い出せばキリがない。通常の授業でそうだから、部活となれば先輩からの厳しいイビリもあった。野球なら一年生の間は全員球拾いと走り込みばかりをさせられ、ボールは全く握らせてもらえなかった。

現在はどうかわからないが、野球部に入っても一年生にはボールすら触らせてもらない、卓球部に入ってもラケットで素振りしかさせてもらえなかったが現在はどうなのだろうか。

野球がやりたくて野球部に入ったのに1年生の間はボールすら触らせてもらえなければ、楽しさを体験する前に止めてしまう子も多いだろう。入部する人数が多い学校なら、選別するために振り落とす手段でやっているかもしれないが、寿司職人を目指す場合、師匠が弟子にひたすら皿洗いや店舗掃除しかさせず、何年も寿司を全く握らせない下積み生活をさせる世界も未だにあるのなら、さっさとそんな寿司屋なんてやめたほうが懸命だ。

職人の世界は自分たちが経験させられたことと若い後輩に同じことをさせようとする世界が根強く残っている。何年も下積みを重ねてようやく包丁や寿司を握らせてもらえる世界に一体どれほどの価値はあるのだろうか。日本古来からの根性や我慢を美学としてきたが私からみれば単なる時間の浪費でしかない。

基礎は重要だ。ピッチャーで成功するためには投球技術だけでなく基礎筋力がなければ速い球は投げられないし、持久力がないと数球投げただけでバテてしまう。だから走り込みをして持久力をつける必要がある。

とはいえ、野球をやりたい気持ちがあっても、基礎が大事だからと最初はボールすら触らせない期間を長く取る風習は果たして本当に正しいやり方なのだろうか。

まずはいきなりマウンドに立たせてボールを好きなだけ投げさせてみる。卓球なら下手でも良いからまず打たせてみる。寿司職人なら自分の好きなように握らせてやる。

未熟だろうが完成形からまずはやらせてみるのだ。するとやることの楽しさを感じつつ、自分の未熟さも実感することができる。もっとうまくなるにはどうしたら良いのか、もっと強くなるのはどうしたら良いのかと自発的に思いが湧き出てくるはずだ。

自発的に芽生えれば、基礎トレーニングの大切さを自覚して行うことができる。目指したい自分をイメージを先に付けさせることで、納得の行く基礎練習に向かわせる動機へとつながる。

やりたいのにやらせてくれずに強制的にランニングさせられるのと、自分に足りないのは基礎体力だと自覚した上で自らランニングに励むのとでは効果にも差が現れるはずだ。

人生時間は有限である。野球がやりたいのに、バットも持たせない、グルーブも使わせない、ひたすら球拾いやランニングばかりさせる指導方針は見直すべきだと思っている。

人は生まれつき能力に差がある。同じ目標に達成するプロセスでも、基礎練習のやり方や必要な時間にも個人差がある。個人差を無視して、みな同一の基礎練習をさせるのは昭和のやり方である。

寿司なんてものは半年もあれば十分ではないのか。人にとっては1ヶ月の修行で20年のベテランを超える寿司職人が生まれるかもしれない。寿司ごとき(失礼承知の上であえて書く)の下積みで何年も師匠と呼ばれる人の元で下積み生活は人生時間の究極な無駄使いである。むしろ何年も掛かってもマスターできないのなら、寿司を握るセンスがないとして別の世界で改めて再挑戦もらうほうがその人のためでもある。

人の肌感覚で語られてきた農業や料理の世界は、次々と数字によるデータ化される時代である。世代を超えるたびにあらゆる分野で進化し続けなければならない。

もし自分が10年掛かって取得できたノウハウなら、次世代は1年ですべて取得できるように努力するべきである。そうしなければ世代を超えて一向に進化しないからだ。

【本日(8/22朝)の株式資産】
日本航空 0円(→)300株買付(0→300株)
すかいらーくHD +9,800円→+9,500円(↓)
American Airlines ▲2275ドル→▲1508ドル(↑)
Boeing ▲732ドル→+552ドル(↑)
NextEra Energy +939ドル→+1000ドル(↑)
AT&T +2196ドル→+2256ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲511,347円(↓)
米国株 +5346ドル(→)


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp