2019年08月27日記載
円高は国益なり、際限のない円安ほど怖いものはない
投資家は円高を嫌う。日本の大手企業は輸出で稼ぐので円高になると収益が減るため株価が下がるからだ。米国株投資している人も円高になればドル資産が円ベースで減少するから嫌う傾向がみられる。

過去、幾度もここで書いているが円高こそ国益である。なぜ誰も言及しないのだろうか。まして現役で日本で働いている人は日本円で収入を得ている。収入ベースの円の価値が上がっているのだから普通喜ぶべきではないだろうか。

むしろ際限のない円安になったらそれこそ地獄である。原油が輸入食料の値段がどんどんつり上がっていく世界、想像するだけで恐ろしい。円高で収益が減るのは主に大企業だけだ。当時ドル円が80円頃のトヨタ自動車は積極的に海外に生産拠点を移動して対応してきた実績がある。

日本の生産人口は減少に向かうのなら、可能な限り現地生産で対応するほうが長期的に見て良いし、移民受け入れに拒絶反応があるのなら単純労働が求められるライン製造なら海外で生産できるならこしたことないはずだ。

まして日本人が日本で生活をしていくには海外から輸入に頼っていかざるねない現状は永遠に変わらない。内需国日本にとって海外のモノを円高で安く仕入れられるのは大きな強みとなる。

投資においても定期的に追加投資を円からドルに転換して行うのが基本なら円高のほうがドルをたくさん仕入れられて有利になる。

所詮、為替はゼロサムである。いずれ再び円安になる時代もやってくる。円高に向かいつつある現状は現役で円収入が定期的にある立場なら円高は喜ぶべき傾向なはずだ。ドルで資産運用しながら安定した日本円で定期収入を得られる日本人。投資する上で最強な環境といえる。

【本日(8/27朝)の株式資産】
日本航空 +9,000円→+3,000円(↓)
花王 ▲400円→▲15,800円(↓)
すかいらーくHD +9,800円→+7,600円(↓)
American Airlines ▲2795ドル→▲3107ドル(↓)
Boeing +3092ドル→+3600ドル(↑)
NextEra Energy +1015ドル→+1071ドル(↑)
AT&T +2116ドル→+2164ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲520,276円(→)
米国株 +5368ドル(↑)

誤発注で現物で買ってしまった花王株。昨日はビクビクしながら株価を見届けたが思ったほど下落しなくてホッとした。米中問題は中国が白旗上げるまで永遠に続くことを考えれば、今の株価もいずれ8000円台までは回復してくれるとみているが、JALのようなこともあるので期待せずにしばらくホールドしていく。

多少上がったところで日本株損失52万円を挽回できる見込みは今のところまったくない。日経平均が23000円ぐらいまで回復すれば良いが難しいだろう。

日本株口座から外国株口座に移動し150万円分をドル転した。ボーイング株が335ドルを下回ったら買い増し、またはアメリカン航空株が再び24ドル台をつけるかのいずれか以外は動かず静観する。どちらもさらなる下落相場での対抗準備金としたい。

アメリカン航空から配当が振り込まれた。21.5ドル(当時300株)だった。それにしても昨夜は全面高の中、アメリカン航空だけ下落。こういった展開はよろしくない。場合によっては部分損切りも考慮に入れる必要があるかもしれない。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp