2019年08月29日記載
アメリカン航空、狼狽売り翌日に高値買い戻しする失態
損切りとは自身の負けを認めることであり、とても苦しい。ラボラトリーコーポを皮切りにIHI、アライドアーキテクツ、JAL、ファイザー、3M、そしてアメリカン航空。いずれも10万円を超える損切りを実行した。

おかげで投資累計マイナスから抜け出せていない。もちろんこれら以外にも少額損切りも数多く行ってきた。株式投資を始めた当初は損切りせずに塩漬けどんと来いなどと粋がる時期もあった。しかし実際に経験を積んでくると損切りの重要を否応なく気付かされることになる。

株式投資をする目的はたった一つ。資産を増やすことである。

利確した回数や損切りした回数でどちらが多いかなんてどうでも良い。たとえ損切り回数が100回あっても、たった1回でも大きな利確があれば勝ちである。

毎日資産結果を公開し、損失額が増えても惜しみなく公開し続けているが、負けを晒すことに戸惑いが生まれ、結局売るタイミングを逃し続けて損失が拡大する失敗を繰り返している。

いくら読み手にとって他人の損失が栄養剤になるとはいえ、やはり公開する立場としては自らの損失を他人に見せるのは恥ずかしいし情けない思いがある。

本来ならササッと損切りすれば良いもののを、ここで損切りすると負けに負けを上塗りする愚かさをまた公表しなければならないとの思いで躊躇してしまう心理的な壁。そもそも情報公開しているから損切りできないのは精神力の弱さからくる言い訳なのだが。

含み損は損失未確定な状態であり負けを認めていない状態だが、現実問題として負け状態そのものである。いずれ株価は戻るかもしれない甘い思いがあるだけで、再度株価が上昇する根拠なんてどこにもない。しかし過去の失敗を振り返るといずれも時間の喪失であり機会損失につながっていた。

確かにLHやTIFのように損切りした後に株価が再上昇したケースもあった。だが再上昇するまでには1ヶ月以上の時間が掛かっていたことを踏まえれば、改めて上昇に転じてから買い直しても十分間に合うことも事実である。

今のファイザーや3Mを見れば、損切りした株価よりも更に下回っている。つまり損切り判断は正しかったのである。BTIもあの時売って逃げていなければ今ごろ悲惨な状態になっていただろう。

そこで現在の私の運用ルールはこうだ。

・同一セクタの他銘柄が堅調なのに所有銘柄のみ下落した場合は損切りする
・購入時より3日連続下落してトータル10%下落したら損切りする
・購入時はまとめて買わずに時間分散買いを行う
・買いは最低でも2回以上に分けて時間分散買付する

理屈でわかっても実践できるかどうかはこれからも未知数。これからも精神力との戦いが続く。

【本日(8/29朝)の株式資産】
日本航空 +3,000円→+1,493円(↓)300株売付(300→0株)
花王 ▲14,000円→▲8,800円(↑)
すかいらーくHD +8,700円→+7,300円(↓)
American Airlines ▲3130ドル→▲2360ドル(↑)1000株買付(1000→2000株)
NextEra Energy +1087ドル→+989ドル(↓)
AT&T +2092ドル→+2180ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲493,326円(↑)
米国株 +7420ドル(↓)

誤発注した花王株も含み損から回復できない状態が続く。バイ・アンド・ホールド中のAT&Tが半年以上掛けて積み上げた含み益相当額をわずか数日で吹き飛ばしたアメリカン航空AAL。

昨日のAAL株価は2013年からの株式再上場来最安値をマークした。取得時の株価からすでに10%以上もマイナスに転じ、普通なら絶好の買い場なのかもしれないが相当勇気がいるポジションまで下落したため部分損切りする狼狽売りに走った。

なぜなら下落の展開が全く気に入らなかったからだ。簡単に買い場というがとても勇気が求められる状況だった。そして昨晩は3.6%も反発。狼狽売りした株価より1ドルも高い株価で買い戻しする失態を犯した。

最安値に慌てたAAL広報は昨日「737MAXは今年の年末商戦までに必ず間に合うと確信している」とIRを出した。ボーイング側もあと2週間ほどしたら改善プログラムをFAAに提出できるとしている。肝心なFAA側はこの件について何も言及していない。

一旦すべて手放したボーイング株。今でもボーイング株への集中投資戦略に変わりはない。慌てず、でも737MAX安全宣言出る前まで再びフルインベストで再度ポジションを取りにいく。報道から読み解くかぎりはどんなに早くても9月13日までは新たな材料は出ないとみている。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp