2019年10月12日記載
アメリカン航空、737MAX運航計画来年1月16日まで延期決定
アメリカン航空は737MAX運行停止期間を来年1月16日に延期すると発表。ボーイング社との打ち合わせによって延期期日を決めたという。アメリカン航空としては、来年1月から徐々に運航再開を行い、3月末までに全機フル運用を目指す。

ボーイングは修正パッケージをFAA以外の他国の航空当局に提出していない。FAAからは737MAXの運航禁止命令解除は、日程ありきではなく、あくまで徹底的に規定に基づいて審査した結果を反映すると述べている。

したがって、いつ、どのタイミングで運航が本当に再開するかは誰もわからないものの、アメリカン航空は年内の再認定を期待して、ひたすら待ち続けている状況となっている。

737MAXは個人的に利用する機会もなく、あくまで株価上昇の起爆剤の観点でしか注目してないのだが、ボーイングも過去の飛行機の改修バージョンアップモデルだけでなく、787シリーズに続く全く新しいモデル797プロジェクトの着手の判断においても、737MAX運航再開が鍵を握っている。

したがって、目先の業績回復だけでなく、将来の航空業界全体を見通しを明るくするためにも737MAXの運航再開は使命でもある。

AALに集中投資である私としては、とにかく株価が元気よく上昇してもらいたい。いや、してもらわないと個人的に困る。737MAX再開なくして株価上昇もない。

くわえてエアバス関税10%が実行されたらますます航空会社は苦境に立たせてしまう。せめて年内までに737MAX安全宣言出ますように。

【本日(10/12朝)の株式資産】
すかいらーくHD +19,000円→+17,500円(↓)
American Airlines +3420ドル→+2640ドル(↓)
NextEra Energy +1321ドル→+1243ドル(↓)
AT&T +3156ドル→+3216ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲326,862円(↑)
米国株 +8868ドル(↑)

アメリカン航空の決算発表は今月25日が予定日。発表時間はザラ場前なのか後なのか不明。どんな内容であれ、悪材料が出尽くした状態が今の株価だと思っている。だから決算がどうなろうが怖くない。平行線か上昇するかのいずれかとみている。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp