2019年10月24日記載
東芝さんよ~、なんでこんなに強いんだ?
東芝株が堅調すぎて手の震えが止まらない。昨日も株価上昇した。思わぬ指値で売り約定から始まった東芝株とのお付き合い。直後からのハイペースな上昇が毎日続く。これが売りの怖さなのだろう。これまで経験したことのない売りから焼かれる恐怖に毎日怯えている。

前日比マイナスの日もあるが微下げで終わり、翌日には前日下げ分を大きく上回る上昇し、高値を更新し続けていく。目先の株価は経営不振からの脱却に目処がたったのか、それとも自社株買いのラストスパートなのか、上昇理由さっぱりわからない。

過去チャートなんて全く無関係。最近の1年間のチャートからは想像すらつかない強すぎる株価を前にして、手元のスマホで表示されるマイナス数字の巨大化を前にスマホを持つ手がガタガタと震える自分が嫌になる。

今こそ強い精神力と我慢力が求められるのかもしれないが、未来もわからない中で目先の我慢がさらなる火傷を広げる可能性も十分あり、追証に追い込まれてしまう可能性だってある。含み損の増加とともに上乗せされ続ける金利も傷口に塩を塗る日々が続く。

買いから入ったJAL株は相変わらずクソすぎる値動き。東芝株の上昇とは正反対の値動きであっという間に含み損。買い方から入った方は全く上昇せず、売ったほうが上昇し続ける。本当にまいった。マーケット様、勘弁してください。

株式投資は負けを認めた時点で負けとなる。だからといって負けを認めないと負けが負けを呼ぶ。他の方の利益を献上するばかりの日々が続く。

【本日(10/24朝)の株式資産】
すかいらーくHD +19,000円→+21,300円(↑)
American Airlines +4440ドル→+4500ドル(↑)
Boeing +864ドル→+1171ドル(↑)
NextEra Energy +1445ドル→+1442ドル(↓)
AT&T +3460ドル→+3284ドル(↓)

【累計損益】
日本株 ▲294,356円(↑)
米国株 +8846ドル(→)

ボーイングの決算発表があった。結果はアナリストを下回る内容なのに株価は上昇した。出てくる材料がすべて悪いのにこの株価。この先上昇する以外にないとさえ思える値動きだった。今夜はアメリカン航空の決算を控えている。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp