2019年10月29日記載
ティファニー株TIF、前日比32%以上の株価暴騰
今朝のティファニー株TIFは30%以上の株価上昇となった。この先ルイヴィトンが本当にティファニー社を買収できるのかはわからないものの、マーケットの期待値は高いことが株価で証明された。

もし私がティファニー株を所有していたら、今が売り時と判断し今朝までに即全株売却を選択していただろう。なぜなら今回の報道はまだルイヴィトンが買収希望を出しただけであり、この先企業買収が本当に成立する可能性は現時点で低いし、仮に買収したからといって中国依存度を下げられるわけでもないからだ。

つまり時間が経過すれば株価が元に戻る可能性も高いのではないかとみている。

いずれにしても、持ち株でもないウォッチ銘柄が暴騰するのは少しだけ羨ましい気持ちになるのは正直な気持ちである。

ただ冷静に考えてみれば、仮にティファニー株を持っていたとしてもせいぜい100株が限度。100株所有だと含み益が3000ドル分の増加の恩恵を受けられる計算となる。いま私が体験しているアメリカン航空株AALの存在があるので、そこまで悔しい気持ちにはならずに済んでいる。

まだまだ上昇余力のあるアメリカン航空株。昨夜は大きく上昇から始まったものの、今朝にかけて大きく叩き売られた。しかし前日比プラスをキープ。AAL集中投資戦略は今のところ成功といっても良さそうだ。

他人の成功話はつまらないかもしれないが、株式投資をはじめてまもなく1年を迎えるにあたって、そろそろ失敗談だけでなく、投資したことによるメリットを享受した話をしてもバチは当たらないのではないかと思っている。

と書いておきながら、所詮は含み益。累計確定損失は日米通算で約35万円のマイナス。加えて東芝株の持ち玉含み損が15万円近くあり、合計50万円の損失を抱えている身である。まだ喜ぶには早すぎる。

とにかく今はボーイング株の動向をみながら、アメリカン航空株の資金をボーイングに切り替えるタイミングをいつにするかが成功のターニングポイントになると判断している。今週はFOMCも控えている。今週劇的な動きに遭遇する可能性も警戒しておきたい。

【本日(10/29朝)の株式資産】
すかいらーくHD +22,300円→+22,000円(↓)
American Airlines +9640ドル→+10640ドル(↑)
Boeing +1098ドル→+1228ドル(↓)
NextEra Energy +1468ドル→+1360ドル(↓)
AT&T +2956ドル→+3596ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲258,699円(↑)
米国株 +8645ドル(→)

S&P500が史上最高値を更新した。いよいよバブルに突入したと判断しても良い。米中協議は部分合意すると言われているが、実態は何も変わっていない。あくまで来年の大統領選挙とともにAPECでの米中首脳会談前を意識した内容にしかすぎず楽観は禁物。

今週はビッグイベンド目白押し。このまま平穏で過ごせるのか、はたまたダウ最高値近辺に戻ってきたこともあって突然のトランプ砲弾が飛び出す可能性も否定できない。気を抜かずにマーケット動向を注意深く観察していきたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp