2019年10月31日記載
未だ公表されない日系航空会社からの羽田発着枠情報
月末を迎えたが日系航空会社側の羽田新規枠の続報が入ってこない。来年の海外遠征の計画では羽田発着枠を使いたいと思っているのでJALからの発表を今か今かと待っている。昨日時点、まだ何も公表されていない。

遠征先有力候補一番手はシアトル。現時点でJALの成田便のシアトルとデルタの羽田便を比較したいと考えている。羽田のデルタより成田のJALのほうが運賃が高い。それだけJALは高い運賃といえる。ただ1万円程度の差ならマイルを貯める意味でJALを選択したいが、それ以上ならデルタを選択するつもりである。

私の予想では羽田新規枠でJALはシアトル便を設定すると見込んでおり、その際、成田便を廃止して移管する可能性を含めて待機している状況。運よければ、羽田便予約開始に何かしらのキャンペーン的な要素で、現在の成田便よりも安価になる可能性を含めてJALからの発表を待っているところである。

第二候補はインド。デリーとムンバイのセット。未だにインド遠征は乗る気があまり出てこない。それでも世界のメトロを制覇する意味でもインドは外せない都市。純粋に行ってみたいシアトル。乗り気がないが一度は行っておくべきインド。

航空チケットだけをみれば、ゴールデンウォーク期間中でも安価で買えてしまうインドとなる。いずれにしてもJALは羽田新規枠でデリー路線を設定が有力視されているので、こちらの価格設定を含めて次回の遠征先を総合的に判断したい。

【本日(10/31朝)の株式資産】
すかいらーくHD +21,700円→+21,600円(↓)
American Airlines +9760ドル→+8500ドル(↓)
Boeing +2016ドル→+1721ドル(↑)
NextEra Energy +1339ドル→+1426ドル(↓)
AT&T +3412ドル→+3476ドル(↓)

【累計損益】
日本株 ▲225,038円(↑)
米国株 +8645ドル(→)

FOMCが通過した。極めて無難に通過。ハイテクを中心に多くの銘柄にで堅調に推移。S&P500も最高値を更新。しかし我がアメリカン航空は続落。がっかり・・・。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp