2019年11月19日記載
株で利益を上げるにはインのタイミングがすべて
株で利益を上げるにはインのタイミングがすべてである。まもなく株投資歴1年で得た経験則から導き出した私の結論である。米国株より日本株投資の方がより当てはまる。これを遵守するには「株を欲しがらない」ことだと思っている。

世間では買い(イン)より売り(アウト)のほうが難しいという人もいる。でもアウトのタイミングは利益の幅を決めるのが難しいのであって、個人投資家にとっては利益の幅よりも損するか得するかの境界のほうが重要なので、損リスクを抑えるには、インのタイミングこそが重要だと思っている。

あくまでたった1年だけの経験則ではあるものの「今すぐインしなくていつインするのかと確信した瞬間」にインできた場合はほとんど利益につながったものの、「そろそろインして勝負でもするかかな」と思った時は長い含み損生活に突入する確率が高かった。

この差がなぜ生まれるのか。

売買益の根源は時間軸に伴って動く株価の差を利用する。つまり、自分で決めた株価になるタイミングまでじっと待つことができえば、利益になる確率も上げられる。

インのタイミングは自分の判断でいつでも自由に決められるのに対し、アウトのタイミングはマーケットの動向を待つしかなく、自分の判断だけで動けない拘束される違いがある。

たとえばインした後、含み損に転落してしまったら、再び含み益になる株価に戻るまでひたすらゴールの見えない時間軸で待ち続けるしかないが、インのタイミングは株価に関係なくいつでも自分の好きなタイミングで実行できてしまう時間的自由がある。

アウトは時間拘束が伴うので、望んでいなくても待つ環境を強いられる。しかしインの場合、希望株価にならなくても待ちきれずにインできてしまう。自分で時間コントロールできずにインしてしまうから負ける。私の負けパターンだ。

インのタイミングを待つ時間を少しでも短くするには、監視銘柄数を増やせば良い。対象銘柄が増えれば、何かがインタイミング圏内の株価に入ってくる確率も上がる。

現在日米合わせて30銘柄ほど監視している。この中から今こそ絶好のタイミングだと自己判断できた銘柄に向けて集中投資をしたい。

待ってタイミングを図る意味では魚釣りと似ている。一つの池の中では、いくら待っても一匹も釣れない時がある。効率的に時間を最小限に抑えながら確実に魚を釣るためには少し視野を広げて、釣る対象を自分の目の届く範囲目一杯広げて釣り糸を並行して垂らせば釣れる確率もあがる。

垂らした釣り糸にいつ餌に魚が食いつくか誰もわからない。それでも時間を少しでも短くしたければ、対象エリアを広げれて魚が釣れるチャンスを待つしかない。決して釣れないからといって慌てて竿を引き上げても決して釣れない。

それでもどこかで魚は動いている。そのために確実に実益を伴うであろうタイミングまで視野を広くして待ちたい。2年目以降は1年目の失敗を教訓として慌てない投資タイミングをこころがけたいみたいものだ。

できるかな?

今、徐々に魚は見える圏内に入りつつも、釣り糸にひっかかる状態とはいえずにウォッチしている銘柄たちは以下の6種。

・カルビー(売り)
・メルカリ(買い)
・ブリヂストン(売り)
・ユビテック(買い)
・RIZAP(買い)
・シスコシステムズ(買い)

シスコシステムズCSCOは、直前の決算は良かったものの、今後の業績見通しを下方修正したため株価は急落した。おそらくしばらく株価低迷する可能性が高いのではないかと予想している。とはいえ、このまま半年以上ずっと低迷し続けるとも思えない。

今のところ、AALが上昇したタイミングで売り払った後はCSCOにいずれ乗り換えたいと考えている。実行タイミングがいつなのかはもちろんわからない。年末か年明けか、それとも年度末なのか。

【本日(11/19朝)の株式資産】
すかいらーくHD +38,900円→+43,000円(↑)
American Airlines +5640ドル→+5205ドル(↓)
Boeing +4238ドル→+4052ドル(↓)
NextEra Energy +1305ドル→+1326ドル(↑)

我がアメリカン航空の下落基調が継続している。このペースだと再び26ドル台に突入してしまうかもしれない。早く底打ちを願うばかり。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp