2019年12月05日記載
石の上にも3年、2020年は自己投資も積極的に行っていく
男性は過去にいつまでもこだわり、女性は過去を振り返らず、現在から未来を中心に物事を考える傾向がある。特に男性は過去の成功体験が強いほど、ダラダラと過去に酔いしれる傾向が見られる。

「俺は昔○○だったんだ。すごいだろ・・・」

当人にとって誇らしい過去であったとしても、他人から見ればお酒のつまみネタにすらならないほど役に立たない成功事例話が多い。

私も同じような習性が過去にもあった自覚がある。今は少し大人になり、相手が望んでいないことを自ら話しするようなことは一切控えるようになった。

男性は年齢を重ねるにつれ昔話をしたがる傾向がある。いくら栄光な過去があったとしても、大事なのはこれからどう生きていくかであって、過去の経験が未来につながるものでない限り、なんの役にも立たない。

と前置きを描いておきながら過去の話をする。

もう時効だから良いだろう。

現在のドメイン名[infobuild.jp]を使ったWebサイトを運営する前、交通取締りに関する情報サイトを立ち上げた。掲載コンテンツに書かれてない内容については、掲示板も併設し、回答するQ&Aコーナーも設置した。

当時はアクセス数も日を追って上昇し、私が何もしなくても質問者からの投稿に対し、他の方が回答してもらう流れが出来上がり、アクセスビュー数は急増していった。おそらく当時において交通取締りに関することでわからないことがあったら、ネット上でここに聞けば間違いないみたいな評価ももらっていた。

その後、第三者からWebサイトの買収提案があり、悩んだ挙げ句、Webサイト毎ドメインとセットで売却した。その後、改めて再出発として取得したのが現在の「infobuild.jp」というわけである。

その頃から徐々にスマートフォンが登場し始めた頃であり、パソコンを持っていないユーザも気軽にWebサイトにアクセスする時代が本格到来。多くの人がブログやSNSを使って情報発信を行うようになった。HTMLの知識がない人も気軽に情報発信できる時代が始まった。

ネット上の情報の洪水の波がドッと押し寄せる時代となり、一般ワードだけでGoogle検索結果に上位にランクされるのは至難の技となっていった。

キラーコンテンツを失ったinfobuild.jpはアクセス数が激減し続けて今に至る。

売却した当時のWebサイトは今は存在しない(当時保有していたドメイン名でWebアクセスすると全く別のサイトに繋がる)。当時買付した企業は運用権利移転後わずか1年後に別会社に買収され、買収と同時に旧我がサイトは放置状態となり、掲示板は荒れ放題。そしてドメイン名の有効期限の失効を迎える切ない結末を迎えた。

手放した時点で自分のものでないとはいえ、終わり方が無管理状態で自然消滅で消えていったのは残念よりも悔しい。

さて、なんのためにもならない過去話したのは、現状を変えたいと思っているからだ。infobuild.jpドメインでのアクセス数増加はどうでもよい。先日取り上げた自前のWebサービスqrcould.netドメインへのアクセス数をこれからどう増やして、ユーザ登録してくれる方を増殖させていくかが大きなテーマとなる。

現在の施策はGoogleアドセンス広告が唯一の流入手段となっている。Google広告を打ち始めて1年が経過したが成果はまだ出てない。毎月1万円以上の広告費をせっせとGoogleに支払い続けているが広告費を回収するには程遠い状態となっている。

それでも広告を出し続けないとアクセスが確保できずに閑古鳥が泣いてしまうために、毎月Googleにお金を支払い続けていくことになりそうだ。もちろん広告代だけでなくLinuxサーバも専用で借り続けている(ユーザが1万人同時利用でも対応できるキャパシティをもったサーバ)し、ドメイン名だって維持費がかかっている。

収益という意味では大赤字を垂れ流し続けている状態となっている。それでもすでにある世の中の普及してるWebサービスの過去を振り返ってみると、ローンチしてからすぐにヒットしたサービスは実はほとんど見当たらない。リリースしたものの、世の中に全く知れ渡るまでに一定の時間を要している。

石の上にも3年。

まだサービスを開始してからわずか1年である。まだまだ下積みの段階といえる。でも何もしなければこのまま終わってしまう。だからこそ今月からGoogleアドセンス以外のアプローチもトライしてみるつもりだ。

「キューRクラウド」は必ずニーズがあると思っているし、世の中に広く認知さえされれば、たくさんの人が利用する価値のあるサービスだと確信している。

誰もが使っているエクセルデータからファイルアップロードするだけですぐにWebデータベース化され、そこから関連するオリジナルのQRコードを発行するサービス構想は、かれこれ何年も前からイメージを描いてきたサービスである。

構想から開発着手、そしてローンチまで、1年もの歳月掛け、私が今持っている全力を尽くし手塩を掛けて完成させたWebアプリケーションサービス「キューRクラウド」。今も日々機能追加のため、作業もコツコツと継続し適時グレードアップを図っている。

だから、そう簡単に諦めるわけにはいかない。採算が取れるまで認知活動を徹底的に続けていくつもりだ。

・広告の多様化
・PR動画の作成
・リアルの場での営業活動

来年は株式投資だけでなく我がWebサービスのユーザ獲得のための自己投資も積極的に行う2020年としていくつもりである。

【本日(12/5朝)の株式資産】
すかいらーくHD +48,300円→+50,900円(↑)
American Airlines +2520ドル→+2685ドル(↑)
Boeing +2380ドル→+2015ドル(↓)
NextEra Energy +1317ドル→+1387ドル(↑)

【累計損益】
日本株 ▲173,808円(↑)
米国株 +12067ドル(→)

一時東芝株の含み損が30万円まで膨らんだものの昨日売建玉すべて返済完了させることができ、現在日本株は現物のすかいらーくHDのみとなった。

そのすかいらーくHD株は目下絶好調。最高値更新が続いている。たった100株しか持っていないのに含み益が5万円を突破。ここまで株価が好調で推移するとは思ってもいなかった嬉しい誤算である。一体いつまで高値圏が続いていくのだろうか。

これからも売りもしないし、追加買いもせずに100株を持ち続けていくつもりである。次の優待券を楽しみに待ちたい。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp