2020年02月04日記載
もっといい家を買い直す、人生目標はいつでも高く設定する
マイホームを購入してから早4年を経過した。縁もゆかりもない地区の土地を選択して住まいを構えてからあっという間に時間が経過した。住宅ローンはあと31年払い続けなければならない。完済年齢78歳の予定となっている。

4年経過して思うことは「本当にこの家を買ってよかった」である。たいていの人はやっぱり、あっちがいい、とか、ここが嫌だなんて意見があるようだが、我が家はゼロ。今ある身の丈にあった手に届く家としては最良の環境だったし不満点はない。

購入タイミングも最良だった。もし今、同じ水準の家を買おうとすると、プラス300万円追加しないと買えないからだ。我が家は55平米の狭小土地に立つ3階建てだが、この4年間で周辺不動産価格は値上がりしており、私たちが買った同じ価格では45平米クラスの狭小住宅しか買えない状況となっている。

もちろん、我が家に不満が全くないわけではない。我が家の車庫サイズは奥行きが4700mmであり、中型車を駐車することはできない点が不満ではある。

しかし近隣の3階建売住宅事情を観察すると、我が家よりも小さな車庫スペースしかない家が多い。みなさん壁にギリギリで頑張って停めている環境が目立つ。最近、近隣に建てられた住宅を見てもほとんどが軽自動車かコンパクトカーしか止められない家が多い。

その点、我が家は中型車までなら止められるし、横幅は2.5mあるので、ある程度、全長さえ長くなかったら、横幅の大きな車なら駐車することができる。

ただし、今後大きな車を買ったら、自転車の置き場所は車の出入りに支障がでるところに駐輪しなければならず、毎回車を出し入れするたびに自転車を移動させる手間が加わるようになる。

しかも今後子どもたちが成長し、自分たちの自転車を買うようになれば、確実に駐輪するスペースがなく、場合によってはマイカーは近隣の月極駐車場において、今のマイカースペースに自転車やバイクを駐輪する選択肢も覚悟しなければならない。

だからあえて現状不安は自転車の駐輪場所の確保をどうするか、が最大の関心事となっている。

私には野望がある。それはもっといい家を買い直すことである。とにかく今の立地がとても気に入ってる。だから新たに買う家も、今の住まいから近くに土地を買って注文住宅を建てたい。マイホームを買ったばかりの身が言うのも変だが、残された人生目標が注文住宅を建てる一つとしている。

土地120平米程度を取得し、シャッター付きの2台分の車庫スペースと洗車可能スペースを作る。自転車3台とバイク1台も駐輪できるスペースを1階に確保する。住まいはすべて2階以上に設置する。私の理想のマイホームである。

目先の株式資産は散々なる状況。だからこそ少しでも夢をみて不安定な精神をコントロールする。夢を語って現実逃避も悪くない。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp