2020年02月10日記載
祝!保育園内定通知受領、4月から新生活はじまる
先日の土曜日、我が家の郵便ポストに自治体からの封書が投函されていた。封を開けて中身は見る。保育園の結果通知だった。結果は祝!「サクラサク」だった。

我が自治体エリアは一般的にいうそれなりの激戦区。一定の家庭に不承諾通知も送付される。だから内定通知をもらうまでドキドキして過ごした。

普通の家庭は申請書に書く希望園の欄に目一杯保育園の名を書き綴るのだが、我が家は1つしか希望園を書かなかった。しかも該当保育園の1歳クラスの入園枠は今年から半分に減っているのにも関わらず、である。

理由は落選しない確固たる自信があったからである。

・夫婦フル勤務
・きょうだい加点
・叔父叔母は自宅から離れた場所に住んでいる(減点なし)
・同点競争なら第1希望が優先
・そもそも我が家の希望園は不人気保育園

上の子と同じ保育園に通わせるのが最大且つ譲れない理由。点数面できょうだい加点があるため点数面で有利な上、立地面において自宅から最至近距離にある。すでに入園中の子たちは第1希望が入れなかったら(仕方がなく)ここに通っている親御さんも多い。

つまり、きょうだい加点の存在が落選するはずがない揺るぎない自信が、第一希望しか書かなかった主たる理由だった。とはいえ、結果は見るまではドキドキ。書面による正式結果をみて安堵した。

さあ、4月から新しい生活がはじまる。昨年から3歳児クラスの保育料免除となって私の財布の自由度が高くなったが、再び保育料の高い1歳児が通うことになり可処分所得圧迫生活が復活する(汗)。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp