2020年02月25日記載
パンデミック大嵐、3月末まで私は石になります
昨晩のダウは1000ドル超えの急落となった。新型コロナはアメリカだけは無関係とマーケットはこれまで反応していたが、サービス関連指数の下落とサンダース氏の優勢情報も重なり大きく下落に転じた。

しかし1000ドルレベルの下落といってもハイテク関連銘柄は超高値であることに変わりはない。特にアップルは未だ300ドル圏内であり、1ヶ月前の株価に戻っただけである。ダウ下落のインパクトほどの株価に対しては、まだまだ高値圏で推移しているといって良い。

むしろすでに弱気に陥っている銘柄への下落のほうが影響が大きい。3Mやファイザーは年初来最安値更新まで下落、エクソンモービルに至っては連日最安値更新を続ける始末。ホルダーはかなり苦しいと思われる。

一方、通信会社であるAT&Tやベライゾンはこういった場面はめっぽう強い。不況に強いネクステラエナジーも下落幅は非常に小さい。ネクステラエナジーは長期的にも上昇し続ける有望成長株である。本来でいう長期投資を目指すならネクステラエナジーのような銘柄に投資すべきなのだろう。

わかっていても、短期上昇を目指すスケベ心が湧く。おかげで過去チャートを見て安いと思って手を出した逆張り大好き日本人投資家は、連日の下げで凍死家になっている人も多い(私のことである)。

私の含み損はJAL株の下落加速によってプリウス級の車一台分買えてしまうほどの転落した。全く身動きが取れない状態。昨年時点でこうゆう時期がやってくると想定していたものの、いざ訪れると思うようにいかないものである。

あと2週間は下落基調は続くと覚悟しておきたい。それでも日本株と違って米国は中国依存度が低い国。直近の下落局面は一時的あっても夏までに30000ドル突破は間違いないとみて良いと思う。

とにかく今は何もしないと決めている。今動くだけ墓穴を彫るからだ。とにかく3月20日までは何もしないと決めた。追証にならない限り、有効期限の半年間は耐え続ける。

今はできれば株価を見ずに過ごしたい。でも無理だ。この上ないメンタルトレーニングできる時期として、とにかく石になる。石は雨風、大嵐でもじっと耐えて過ごせる力をもっている。

3月末まで私は石になります。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp