2020年02月29日記載
株価暴落、タイヤパンク、マイカー物損もらい事故
今回は追証の恐怖を体験中だが、唯一の心の拠り所なのは全銘柄が下落している点である。他の銘柄が平穏相場なのに自分の所有銘柄だけ大きく下落するパターンが最も精神的ダメージを受ける。

現実にある損失額は絶対値であり、周りがどんな状況であろうと自分の損害が減るわけでもないのに、みんなも自分と同じ境遇を思うだけで精神安定が図れる。感情のパロメータは相対値によって大きく左右される。

たとえば、どんなに苦しい状況でも、誰かに自分の不幸話を聞いてもらうだけスッキリすることがある。何も問題は解決しないのに不安や不満を他人と共通するだけで落ち着きが取り戻せることもある。

ようするに自分の感情は考え方次第である程度コントロールできる。資産が大きく毀損したら、別の収入源を得ることを全力で考えるのも一つの方法。脳は同時に別の作業ができないように作られている。だから別のことに視点を移せば気を紛らわせることができる。

とまぁ、書いてみたものの、それが簡単にできたら苦労しない。私自身、目の前の逆境で揺れ動くメンタルを暴走させずにどうやって制御したら良いのか、とにかく必死に考えているところである。

ところで直近5年間、私生活はすこぶる順調に過ごしてきた。5年以上前になるとそれまではいろいろあったが、直近の5年間は本当に絵に描いたような順調な時間を過ごしてきた。

そして2020年。徐々に順調カーブが下り始めたかもしれない。

・バイクの後輪がパンク
・コンビニ駐車場でマイカーがブツケられる
・マイカーの左フロントのヘッドライト切れ
・株価暴落被弾

ジリジリと順調な生活が崩れつつある。ジンクスや神頼みに興味はないが、今年はこれまで通りにはいかない予感がする。

それでも地震や津波でマイホームを失うとか実生活に支障をきたしているわけではないのだから今でも幸せである。

これ以上のマイナスにならないよう、もう少し石橋を叩いたライフプランに切り替えるタイミングなのかもしれない。


コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp