2020年04月22日記載
世界で死を最も期待されている人物の重体報道
金正恩報道。連日のコロナ報道が続く中で突然飛び出したビッグニュース。真意はどうなっているのかとても気になるところだが、いずれ解明されるのを待つほかない。あえて恐れずにいえば、世界で最も死を期待されている人物である。

私を含めて、誰もが長くは生きられないとは思っていただろう。それでも今の若さから見てもあと20年は権力を握りそうだと思っていたはず。だから想定よりも相当早い報道でとても驚いている。

以下の文章は完全なる個人的な推測である。先にお断りしておく。

・手術を受けたのは事実
・手術結果は失敗、またはわざと失敗?
・既に他界している可能性が高い!?
・北朝鮮はフェイクな動静情報を出す可能性あり

過去を振り返ってみると、北朝鮮メディアが公式に金正日死去報道を行ったタイミングは完全なる過去形だった。死亡を公表するかなり前から死亡していたと推測されている。時間差が生じたのは後継者問題の整理する時間が必要だったと考えられる。

当然、今回も後継者が誰になるのかが決められないと国内の統制が取れなくなる。後継者が正式に決まらなければ公表できるわけがない。

これからの朝鮮半島情勢は大きな時代を迎えそうだ。なにもかもが闇に包まれる北朝鮮。独裁者なき国家の行く末は、歴史の1ページをリアルタイムに目の当たりできるチャンスである。

それにしても今月18日にトランプ大統領が発言した正恩氏から書簡を受け取り、「金正恩氏とはとても良好な関係にある」とも述べた件との関連が気になる。タイミング的にあまりにも合致しすぎている。

書かれている内容はホワイトハウスのみが知る。CNN報道の根源はすくならず書簡の内容に関連しているのではないか。

いずれにしても、現時点での韓国から出る北朝鮮情報は全くアテにならないことだけは確かである。先日の選挙で圧勝した「共に民主党」は反日+北朝鮮融和党だ。悪い情報を出すわけがない。

とにかく、仮に今も生存しているならば、ぜひとも回復しないのを祈るばかりである。独裁者なき国家がどのようになるのか。中国とロシアがどう動くのか。興味は尽きない。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp