2020年04月23日記載
国や自治体の制度を目一杯利用して苦境を乗り切ろう
ネット上の投資家の世界で見られる用語に「社畜」という用語がある。私も社会人になってからずっと同じ会社に所属しているサラリーマンだ。昨今のコロナ問題でサラリーマンがどれだけありがたい存在であるか実感できるのではないだろうか。

むしろ社畜であるからこそ法的にも守れられる精神的安定はサラリーマンでしか味わえない。甘えるつもりは毛頭ないし、外的要因を理由に逃げるつもりもまったくないが、さすがにコロナ問題は個人ではどうにもできないし、個人経営の代表格である小売業の状況をみれば、サラリーマンがどれだけありがたいかを実感している人も多いのではないだろうか。

脱サラの代名詞である飲食業開店。夢見てお金を借りて自分のお店を持つ。そんな野望を持った人たちが窮地に追い込まれている。

よく言われる市場のせいにするな、不景気だからなどの外的要因にするな、と叱咤する経営者もいるかもしれないが、新型コロナに関しては政府が自粛を要請しているのだから、宅配やテイクアウトでつないだとしても限界がある。

特にアルコール提供をメインとした寿司屋を含めた水商売は、お店の場所を貸すことが収益の根源であるため対抗策がない。

だからこそ政府や自治体が支援がある。たとえ30万円だって飲食業から利益30万円稼ぐには相当な売上を作らなければならない。家賃の高い東京都は50万円の補助が出る。苦しいかもしれないが、政府や自治体からの情報にアンテナを張って各種制度を目一杯利用して乗り切るしかないだろう。

昨日の夕方のニュース番組内で登場した寿司屋さん。東京都が打ち出した「東京都感染拡大防止協力金」の申請する書類が複雑で怒っていたシーンが放送された。

たしかに申請するための記述箇所は多い。でも営業自粛しているのだから書く時間なんていくらでもあるはずだ。淡々と申請して50万円もらうことに専念すれば良い。くわえて政府から国民1名あたり10万円も支給される。

この先、万が一コロナ問題が長引けば、また政府は追加支援策を検討するだろう。つまり自己力ではどうにもできない状況が続けば、国や都は追加支援するのだから、しっかり受け取れば良い。

さてマイナンバーに否定的な人が多い。たしかに国民に番号をつけるのは不愉快だ。でも国が作った制度に逆らって何も良いことはない。むしろ便乗したほうが得のことが多い。

10万円の申請もマイナンバーを使うことになりそうだ。マイナンバーカードを作っておくと行政手続きが簡素化される。だから我が子も生まれてすぐに子どもたちのマイナンバーカードを作ったぐらいだ。

金融機関のマイナンバーを申告するべきかどうかはともかく、補助金や助成金、還付金などの諸制度はしっかり理解して目一杯利用するべきである。

マスクだって、しばらく手に入りづらい状況が続きそうだ。だから私はアベノマスクもありがたく使わせてもらうつもりだ。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp