2020年04月30日記載
急浮上した9月入学始業議論、もしやるなら今年しかない
グローバルスタンダード。世界基準に合わせるのはメリットが多い。でもなんでもかんでも合わせれば良いわけではない。私がもっとも世界の真似てはいけないと思っているのがサマータイム制である。あんなものどこに有用性があるのか全く理解できない。

太陽が地表から見える時間帯は季節性があっても一日24時間は変わらない。日々朝日が出る時間帯が変化するだけで時間の概念は常に固定であるべきである。時間は不変であり、季節だけ変動すると捉えるほうが人間生活において正しいと思っている。

日本でも過去幾度もサマータイム制導入について議論が出ては消えていった。時間を変えなくても活動時間をずらせば済む話である。このまま消えて続けてもらうことを祈っている。

さて、同じような議論に9月入学がある。サマータイム同様、これまでも議論が出ては消えていった。しかし今年は事情が異なる。いかんせん強制的に学校が休む前代未聞の2020年。入学式すらまともにできてない。一部の地域では数ヶ月程度の休校となっているが、教育時間はほぼストップ状態である。

想定外の状況に陥ってしまっている今なら9月入学に変更するタイミングとしては千載一遇の好機である。失った時間を使い、半年間の時間をリセットできる最大のチャンスといって良い。

私はずっと9月入学移行は否定的だった。切り替え年度の混乱は想像を遥かに超えるだろうとの思いだけでなく、議論の発端が単に諸外国が9月が多いからなどと、周りに合わせることが最良な考えとする浅はかな単純理論が気に食わなかったからだ。

しかし今年は半年間教育の時間を失ってしまう危機的状況。時間を補填するには夏休みを返上しても追いつかない状況である。

人生のおいて最も重要な成長過程における半年もの時間を失うのは非常にもったいない。予期せぬ休校措置によって失った教育を受ける時間を9月入学に切り替えることで全国民が一斉にリセットできるならば、一気に変えてしまうのも手ではある。

もちろん関連する省庁、学校関連のビジネス等、さまざまな影響が出るかもしれない。しかし通常どおり学校が動いている間で無理やり9月に切り替えることに比べば、今年が最も自然体で移行できるチャンスであるなら、やってしまうチャンスなのかもしれない。

思いつく弊害は、生年月日の区分けをどう扱うかである。ある年代だけ1.5倍の人口層となってしまう。翌年組は半分に減ってしまう。学年人口のアンバランスをどう調整するのか。もしくは4月1日区切りだけ維持させて半年空白化させるのか。

このあたりは私の想像を超える各種問題がある。専門家に任せながら動向を見守っていきたい。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp