2020年05月11日記載
国道371号はマニアでも二度と走りたくない疲労困憊国道
先日特別定額給付金のオンライン申請を行ったが、昨日「【ぴったりサービス】電子申請データ受領のご連絡」のタイトルのメールを受信した。予定では今月末に入金されると思われる。ちなみに郵送での申請用紙はまだ届いていない。

一方、アベノマスクは既に届いており、手元にまだ紙マスクも残っているが、せっかくなので私はアベノマスクを使っている。外を出歩いている人たちを見る限り、誰一人アベノマスクを使っている人がいない。素直に使っているのは変わり者の私だけなのかと思ってしまう。

アベノマスクは寝る前に手洗い用洗剤を使って軽く浸して水洗いをしてすすいで干せば繰り返し使うことができる。最近の平日の日課は一日在宅勤務だが、お昼のための買い出しと夕方の保育園のお迎えのときに外出で、その際マスクを着用している。

さて、外出自粛生活に息苦しさを感じながらも、夜間の時間を利用して国道走りを継続している。もうやらないと宣言したものの、目的のない運転するぐらいなら、なにかしら目的をもって運転したい思いもあり、マイペースで未走行の300番台の国道を片付けている。

昨年の年末年始から昨日までの間で、新規に走行した300番台国道は308号、311号、314号、315号、316号、351号、353号、365号、371号、385号、386号を全線走行を行った。

300番台を走り始めると、いわゆる酷道も増えてくる。今年走行した国道のうち、もう二度と走りたくないと感じた国道は2本。308号と371号だ。308号は大阪市内にお住まいの方なら誰もが知る主要国道だが、大阪府と奈良県の県境区間に関しては壮絶な酷道として有名だ。

日本一の急勾配、5ナンバー車がかろうじてギリギリ通過できる猛烈に狭い幅員区間といった難所が存在する。私が一番驚いたのはこの急勾配や極小幅員区間の場所でも多くの民家が存在していることだった。地元の人には申し訳ないが、よくあんな場所に住めているよなと思ってしまうぐらいである。

ただし308号の酷道区間は対象距離が短いので、ごく一部の区間だけ頑張って走ればすぐに広い道路に出られる。したがって特定箇所は難易度最高レベルだが、ごく一部の区間さえ乗り切れば完走できるため全体の疲労度は少ない。

それよりも国道371号である。私の国道経験の中でも超ハイレベルの国道と断言する。紀伊半島のど真ん中を南北に突き抜ける国道で全長230km以上もある長距離区間国道。全区間のうち2/3以上険しい峠道だけで構成されている文字通り酷道である。

私は2回に分けて全区間制覇したが、正直二度と走りたくない。途中何度も精神的に追い詰められた。一生懸命峠道を走っても走っても先が見えない。時速30km/hも出すとタイヤが鳴るほどの急カーブの連続。永遠とダラダラと連続50km近くも続く区間が3区間も存在する。朝から走行し始めても、日が沈んた後も半分も走行できていない。

加えて途中分断箇所が2箇所のもある。しかも分断箇所の行き止まりエリアから分断先の国道地点まで移動するにも峠道で迂回しなけばならない。引き返すだけでも相当な時間と体力が奪われる。

中でも田辺市木守エリアで万が一タイヤがパンクやガス欠で走行不可能な状態にでもなったらその場でシクシク泣くしかない。携帯も圏外エリア。誰も助けてくれないのではないかと思うレベルの国道区間が存在する。

道幅3mもない区間なのに途中5台も対向車に遭遇。これまで数多くの国道を走ってきたが、お金もらえても二度と走りたくない国道だ。全国道のうち5本の指に入る最悪国道と言わせてもらうおう。当初は一気に全線走るつもりだったが半分走ったところで心が折れ、途中で切り上げて東京まで帰宅し、1ヶ月後に再度リベンジするぐらい超ヘビー級国道だった。

私は普段運転して疲れたと感じるのは渋滞に遭遇した時ぐらいであり、渋滞がない道路を運転する限り、運転に疲れることはほとんどないのだが、国道371号だけは走り終えて串本町の国道42号まで出られた時、猛烈に疲労したのは言うまでもなく、白浜地区から迷うことなく有料道路を使って早くこの場から脱出したいと心底思わせてくれる国道だった。

ゴールデンウィークは遠方に出かけるわけには行かなかったので、栃木、群馬、福島、新潟の県境分断道路である国道351号、352号、353号を走行した。このうち、352号は福島=新潟間の区間が5月に入っても冬季通行止めで走行できなかった。

通行止めの区間は国道371号のような酷道となっている。7月後半に走行できなかった福島新潟県境区間を走る予定である。

なんだかんだと300番台の未走行国道も残りわずかとなった。今年の8月、コロナがどうなっているかわからないが、北海道の残りの未走行300番台(366号、337号、393号)をすべて片付けてくる計画を立てている。

私の国道走行履歴は【https://road.infobuild.jp/route/】で更新しています。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp