2020年06月23日記載
上に突き抜け続けるハイテク株、空に飛べない空運株
ダウは続伸した。正しくいえばナスダックが牽引、もっと正しく言えばGAFAとマイクロソフトが米国株全体を押し上げている。マイクロソフトは遂に200ドルを突破し、Amazonも2700ドル超え。ついこの間まで2000ドルの壁すら超えられなかったのが信じられない快進撃が続いている。

Zoomも連日続伸中。PERだけ見ればAmazonを超える異常値といっていい株価水準だが、買われる銘柄はPERなんて無関係で上昇していく。買われない銘柄は大手であろうとPER1倍以下であろうと売られる。

コロナ以降の米国株は、より二極化が進んだ。私の大好きな運輸系はボロクソに売られ、コロナ前に戻る兆候すら見られない。

過去の株価がどれほど優れていても、過去の株価に戻る保証なんてどこにもない。アメリカン航空は資金繰りを補うために増資の可能性についてコメントがあった関係で、株価希薄化を恐れ連日続落。一時の盛り上がり分は今朝の段階でほぼ上振れ分を吹き飛ばした状態へ逆戻りとなっている。

米国内の新型コロナウイルス感染者数は一向に減少する気配がない。第二波どころか未だに第一波が継続中といっていい。

デモなんかみてもマスク着用してない人が多いし、手洗い文化も低く、日本と違って自宅でも靴を履く習慣を考えれば、感染者が減らないのは納得がいく。

ただし長期的にみれば、ほとんど抗体を持たない日本人と比べて、圧倒的に抗体保有者が多い米国人。もしかしたら情勢が一変する可能性もある。

羽田空港には多くの飛行機が駐機されている。エンジンが取り外された航空機も目立つ。国内線は徐々に便数が戻りつつあるが、国際線機材はまだまだ飛びそうにない。

時代は変わっても飛行機が必要な時代は当面続く。このまま終わるはずがない。せっかく拡充された羽田空港が再び活況を取り戻す。

上昇し続けるハイテク株を指を咥えて眺めながら、自分自身に言い聞かせる。空運株は必ず上昇するはずだと。

こんな甘ったれた感覚が消えないからら資産を増やせないんだろう。じゃあ、今からAmazon株買えますか?えっと、やっぱり無理っす。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp