2020年06月26日記載
テレワーク普及で無駄なオンライン会議が増えていませんか?
企業のテレワーク導入が加速している。都市のオフィスの解約も相次ぎ、空室の増加や賃料の低下、安定収益だった鉄道会社ですら通勤客の減少に見舞われるなど、これまで安定収入が売りだった事業者に激震が走り始めている。

この先、コロナ不安が完全に払拭しても、オンライン会議によって出張需要は完全に元のレベルまで戻るのはことはなさそうだ。そしてテレワークが加速するにつれて、サラリーマンの働き方も大きく変わろうとしている。

企業にとって社員の存在は、社員全員が戦力になって業績拡大のための活動に勤しむのが理想だ。しかしながら多くの社員は企業業績が傾こうが、毎月の給料を受け取れさえすれば良いと考えている。

つまり企業の思惑と社員の思いが一致しておらず、会社業績に全力で立ち向かう一握りの優良社員と企業にぶら下がる社員の組み合わせで成り立っているのが実情である。

言い方は悪いかもしれないが、会社に毎日出勤して顔さえ出していれば、後は机の上で何をしていようが、外回りで何をしていようが、結果がでなくても、とにかく会社にやっている姿さえ見せていれば、給料をもらえているサラリーマンが多く占めているのが実情である。

ところがテレワーク主体にシフトすると、一生懸命やっている姿を直接見せることができない。本来あるべき姿である結果と成果以外に主張する手段がなくなってしまうのである。

テレワークは無残にも結果を出せない社員が表面化させる効果をもたらす。だから在宅勤務より出勤を望む社員がいるとしたら、成果を出す自信のなさを証明しているともいえる。

こうした不安を払拭させるために新たな問題が見えてきた。

オンラインミーティングの乱発である。

出勤して顔を合わせないため、社員同士のコミュニケーションが枯渇する問題を解消させるためにはオンラインミーティングは効果的である。この点については否定しない。

しかし自分や成果が出せませんがやってます的なことを示すために本来出る必要もないオンライン会議ばかりに出るのもどうかと思う。おそらくリアルに通勤していた時よりもZoomミーティングの回数が増えた人も多くなった人も多いのではないだろうか。

テレワークになる前から社内会議ばかりやって、会議に出ることが仕事と勘違いする人も大勢いたので、リアル会議がオンライン会議にシフトするのは自然といえるが、オンラインの場合は話を聞かずに済ませることも可能となる割に時間だけ拘束される弊害もある。

もちろんチームで仕事をするのが組織人であるだけに密な打ち合わせは必要ではあるが、社内ミーティングのための一生懸命資料作りで時間を消費するテレワークもいかがなものかと感じている。

結局のところ、出勤しようがテレワークだろうが、働き方における本当の意味での生産性向上には、目に見えない大きな壁が存在しているということだろう。

最後に念の為補足していくが、この話はテレワークが不可能な、自分の手で道具を持つ、商品現物を扱う、専用機材を使う、現場で手を動かす職種などは別テレワークが不可能な仕事の人は別である。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp