2020年08月17日記載
YouTubeからテレビ進出へ、スターになるための新たな時代
調べ物をするとき、Google検索が基本だが、最近はYouTubeで検索することが増えた。これまでさほどYouTube利用率は高くなかったが、在宅勤務が基本になったことで気軽に音を出せる環境下が利用率拡大のきっかけとなった。

数年前までのYouTubeはテレビ番組を無断再編集アップロードによる違法コンテンツが中心だったが、現在は極めてクオリティの高い独自コンテンツが充実していることに驚いている。

素人なのにここまで編集技術が向上しているのかと驚いてしまう。文字と違って映像は、見る側が時間を固定的に束縛させるデメリットがある。だから編集作業もできるだけテンポのよい演出が目立つ。

しかもこれまでネットによる情報発信は匿名が基本だったが、インスタグラムの普及に伴い、YouTubeの場合でバズる条件として顔出しが基本になりつつある。

見ている方も顔が出ている映像のほうが信用できる気分になれる。ブログでは匿名による文字だけの世界から、自らきちんと顔出しをする世界に変わりつつある。ただ喋るだけの映像であっても顔出し映像とそうでないのとでは、相手に伝わる説得力に差が出る。

小学生がなりたい職業でYouTuberが1位になったことが話題となったが、ブログにせよ、YouTubeにせよ、アクセス数を稼いでいるコンテンツは、ほぼ例外なく内容が面白い。

テレビに出演する人たちも、これまで芸能プロダクションに加盟しているタレントだけでなく、YouTubeでバズった人たちがテレビに出るケースもかなり増えている。

YouTubeはコンテンツさえ面白ければ突然スターになれるチャンスがある。おじさんたちの前でオーデションに合格し、組織の中で認められるまでの存在にならなければテレビに出るチャンスが得られなかった世界から、これらのステップをすべてスキップして、有名人に飛躍できる夢のある職業としてランクインしたのだと理解することができた。

ところで同じ動画配信サイトで日本初のニコニコ動画がある。最近、元気を失っているように感じる。理由は利用するのにユーザ登録が高いハードルをもたらしていると思われる。

ニコニコは従来ユーザには使い勝手もよく独自性があるが、さらなる普及を目指すには、YouTubeのように、誰もが取得しているGoogleアカウント一つで、視聴ログや登録チャンネルも自動で管理してくれる汎用性が勝ってしまう。

ライブ配信に対するネットワークの負荷耐久能力もずば抜けてYouTubeに軍配があがる。

毎回ログインしなければならない煩わしさや、ログインしなければ優先的にコンテンツが見られないビジネスモデルは、今後さらなる発展を目指す上で大きなハードルになると思っている。

スマホアプリも同じことがいえそうだ。配布アプリがあまりにも増えすぎたため、簡単操作でインストールできる環境であっても、更に新規アプリをインストールすることにためらうユーザが増えている。

新サービスを展開させるためにスマホアプリのインストール誘導には、これまで以上に高いハードルが待ち伏せているといっていい。

これからはログインの手間は初回のみとし、専用アプリをインストールしなくてもWebブラウザ上だけでサービス提供できる汎用性の高いコンテンツが選ばれる時代に入ったのかもしれない。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp