2020年08月29日記載
安倍総理辞任で気になる後任、個人的には河野太郎が希望
安倍総理が辞任を表明した。株式市場が動いている時間帯でのニュースだったため、株価は一斉に反応し突然急落した。私の場合、ほぼ全銘柄が急落したので何事かと思ってテレビをつけて知る逆の展開だった。

辞任の表明を受け、ネットでの反応は様々だが、新聞各社の世論調査による数字とは異なる反応が多かったように思う。

アンチ安倍派は「無責任政治が終わった」「歴代一位の肩書のために時間稼いだだけのクソ総理大臣」「祝!無能辞任」「アベノミックスという詐欺臭い」「安倍に比べたら民主党のほうが数億倍まともだった」「難病なのに二次内閣で病は完治発言阿部はペテン師」などだ。

野党新聞の筆頭、朝日新聞も「忖度や国会軽視招いた1強政治 負の遺産、教訓にしたい」と声を荒げる社説を掲載している。

しかしそんな朝日新聞ですら、立憲民主と国民民主の再合併論には否定的だった。

社会的悪でしかない否定論者の典型的なパターンは、否定はするが代替案がない存在である。文句だけいって何もしない。それが朝日新聞である。

たしかに拉致問題や北方領土問題は解決できなかった。コロナ対応を批判する者もいる。じゃあ安倍総理でなかったら解決できたのかと言われれば、答えは同じだろう。

それよりも、これまでの外交成果は過去歴代の総理と比べば、強固な外交成果を残したと胸を晴れるのではないか。

同盟国アメリカと接近しつつ、他の国ともバランスの取れた態度。韓国には譲歩しない確固たる意思。長期政権でなければ、安定外交は実現できないからだ。

さて、次の総理は誰になるのかが焦点である。

私個人の勝手な考えを述べたい。

・石破氏
コロナ対策に対する考え方は好感が持てる。一方、中国と韓国大好き、株式売却益増税論者、消費税減税否定的立場、そして話のテンポが遅い(笑)。特に中国スリスリ態度が最大のマイナス。

・岸田氏
インパクトに欠ける、消費税減税は絶対にやらない、経済的視点では不安。ただし対中中政策は好感。暫定としての総理なら我慢できるレベル

・河野氏
ぶら下がりマスコミ対応への態度は傲慢で気に入らないが、外交に関しては最も安心できる存在。女性天皇制発言はマイナスだが、これを除けば、ハッキリとした物言いは強い政治を推し進められる可能性がある。アンチも多そうだが、アンチが多いほどリーダーになりうる存在といえる。

・小泉氏
ない。八方美人。話題性だけで十分。

他の候補の名も出てきているが、よくわからないし、民主党政権末期の頃に、無名だった野田氏のような存在が突然指名される可能性は自民党総裁選びにおいてほとんどないといっていい。ほぼ3名の中から選ばれるのではないかと思っている。

最後に、立憲民主党の石垣のりこ参院議員のツイッターでの投稿。野党として以前に政治家として資質に欠けると言わざるを得ない。議員として、というより一人の人間として最低な議員と断言しておきたい。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp