2020年09月01日記載
Zoom株、狂った上昇モードへ、利益33.6倍の破壊力
Zoomは決算を発表した。決算は相当良いだろうとの予想さえを超える爆発的決算を発表。時間帯含め、前日比36%も上昇した。まさに上がり続ける株とはこのことだろう。

Zoom株が250ドルを突破した頃、PER300倍超で割高すぎるなどとネット上ではバリュー株派が声を荒げていたが、今朝は瞬間的に400ドル突破である。

株とは過去がどうだったかは関係ない。未来がどうなるかで買うのだと強烈に実感させられる今朝の株価推移である。

よくPERが株価指標に出されるが、あんなもの全く関係ない。どんなにPERが高くても更に上昇するときはするし、PERが0.5倍以下でも低迷株は万年低迷しつづけるのを嫌というほど見せつけられた。

株式分割したアップルとテスラも上昇ペースが止まらない。テスラは1530ドルのときに試しに買った経験がある。その後、1380ドルまで下落し「ああ、やっぱり割高だったのかもしれん」と手に汗をにじませた。

その後、1530ドルをわずかに超えたあたりで同値で撤退した。1500ドル台を2週間ほどもみ合った後、突然吹いた。あれよあれよと2000ドル台に載せ、5分の1に株式分割を発表。

そして今朝、500ドルを簡単に突破した。分割前に置き直すと2500ドル超えである。もう空いた口が塞がらない状態である。

それに対し、航空株はどうか。瞬間的に上昇するものの、すぐに売られて株価は低空飛行から全く抜け出せてない。

高くても良いものは買う。米国株はこうした発想がないと、ダメだと突きつけられた感覚がある。

アマゾンもまもなく3500ドルを超えそうな勢いである。一体、私は何をやっているのだろうか。本当に情けなくなってくる。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp