2020年09月28日記載
自殺を美化する報道は停止せよ、自殺は殺人と同じだ
本当にテレビ報道を見ていてイライラする。なぜ自殺した人間に追悼や同情する意見を取り上げるのだろうか?どんなに大好きな俳優さんでも、健康体でありながら自ら命を投げ出した人物をなぜ同情するのか?

批判承知であえて書くと、私が自殺したいと共感してしまうケースは一つだけだ。完治不能な病に侵され、痛みや苦痛で自由に体を動かせない状況になり、将来を描けなくなった人たちだけだ。

5体満足で健康体でありながら自ら命を捨てるような者になぜ同情しなければならないのか。健康体で自殺する人の多くは精神的に追い詰められた状態による突発的行動によるものと言われている。

自殺未遂で終わった人の約9割は、あの時死なななくてよかったと告白している。その場の瞬間的な感情だけで取り返しのつかない死を選択するのは、最も愚かな行為である。

精神的に追い詰められるその瞬間は誰かのサポートも必要だっただろうし、当事者もどこまで追い詰められる心境だったのは知り得ない領域である。

だからといって、自殺を美化して良いはずがない。自殺は愚かな行為だともっとテレビは報道すべきではないのか。

元々日本人は他界した人を美化する傾向がある。テレビで同情や共感するようなコメントを紹介ばかりすると連鎖を誘発しかけない。

もっといえば、自殺した後始末は誰がやらなければならない。遺体を処理する現場の人たちはもちろん、マンションだって自殺した部屋だけでなく、建物全体の資産価値を失わせることにもなるのだ。

いわゆる事故物件として売るに売れなくなってしまう。自殺とは最も多くの人に迷惑を掛ける行為なのだ。

来週から自殺した俳優が主役で登場するドラマが放送される。追悼目的のつもりかもしれないが自殺は殺人である。追悼している場合だろうか。犯罪者同様に即刻排除すべきである。

話は古すぎるかもしれないが、私が中学生の頃、岡田有希子が大好きだった。しかしあの出来事をもって心底嫌いになり、今でもおもだしたくない存在である。

可愛かずみ、沖田浩之、古尾谷雅人、田中実、上原美優。

彼ら、彼女らと同じようにサラッと報道して終了すべきである。

志村けんや岡江久美子の訃報とは根本的に異なる。2名方はさぞかし無念だったに違いない。しかし今年自殺した俳優4名は一刻も早く私の記憶から消し去りたい気分である。

自殺者の追悼するような報道は自粛してもらいたい。静かに見送る。それだけで十分だ。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp