2021年01月15日記載
え?いつの間に?シビックハッチバックもついに販売終了!
今や貴重な新車で買えるターボエンジン搭載のMT車シビックハッチバック。もう新車で買うことはできない。イギリス工場閉鎖が主たる理由である。

ちょうど1年前に登場したシビックハッチバックの後期モデル。あれからわずか1年しか経過してないのに早くも販売終了してしまった。生産地であるイギリスにあるスウィンドン工場がブレグジットを理由に年内閉鎖が決定していることが主たる理由だそうだ。

シビックハッチバックから遅れて半年後に発売したタイプRの後期モデル。うちLimitedエディションと呼ばれる特別モデル200台について発売当日数秒で完売、通常エディションも早々に販売終了で公式サイトにも掲載されている。

販売台数が少ないとはいえ、タイプRのような現代社会における希少性の高いクルマを欲しがっているニーズはそれ相応に存在している現れである。

社会的情勢で苦しい立場とはいえ、ニーズを満たす台数を世の中に供給してほしいと切に願うばかりである。

そして大衆モデルのハッチバック。通常マイナーチェンジしてから最低2年は発売継続するのが通常なのだが、公式サイトをチェックするとこう書いてあった。

「一部カラーがお選びいただけない場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。」

実際どうなっているのかと最寄りのホンダカーズに問い合わせ。答えはこうだった

「在庫はございません」

はい、終了、もう二度と新車で買うことはできません。(2021/1/15現在)

すでに北米ホンダからは次のフルモデルチェンジのシビックのティザーサイトが公開されている。つまり次はフルモデルチェンジ版を待つ段階に入ったということである。

通常、すでにフルモデルチェンジの動向が見えている状況なら、次の新モデルのシビック発売に合わせて購入を検討することになる。

わざわざ末期モデルを慌てて買う必要性はない。しかし排ガス規制が異なる北米モデルがそのまま日本でも発売される保証はなく、そもそもハッチバックに6MTモデルを製造するかどうかさえ微妙な情勢といえる。

ハッチバックが仮に日本で発売されたとしても、場合によってはもう二度とMT車が買えない可能性もあり、恐々としている。

現時点、北米で全面公開されているのはセダンであってハッチバックではない。ただしスクープ情報によれば、フルモデル版でも、セダンとハッチバック、そしてタイプRの3モデルが発売するとのこと。

一方、新モデルのフロントのデザインをはじめ、全体の雰囲気は正直好みではない。最新モデルのFITのようなまったり感のある「ふわっとした感じ」のデザイン。

おそらくフロント部分はハッチバックでも共通だろう。スクープ映像ではカモフラージュされているので全容はよくわからないが、個人的には現行モデルのデザインのほうが好みである。

デザインは完全なる好みが分かれるところなので、何が正しい、正しくないなどはないのだが、公開されている新型シビックセダンのデザイン、特にフロント部分はダサい。最新型FITもダサい。

ただリアはまずまず。GSヤリスのデザインは真逆でフロントデザインは好み、リアがダサい。だからフロントはヤリスデザインを採用してリアはシビックが良い、みたいな。

はい、どうでも良いコメントであります。

さて、新モデルのハッチバック。果たしてMTモデルを設定してくるのが最大の注目だし、設定されなかった時点でシビックそのものへの興味もゼロ化する。

少なくともタイプRが発売されることが決定している限り、6MT車設定になるのは確実なので、ハッチバックでMT設定がなかったとしても、タイプRを買えば、MT車を購入できるラストチャンスが確保されているので安心ではある。

後期モデルのタイプRが即売するぐらいだから、日本で発売は確実だろう。どうしても今年中に買えなかったら、ラストチャンスにかける道は残っている。

タイプRを我が家の車庫に入れるのはかなり厳しい自宅事情がある。ハッチバックモデルの全長サイズがギリギリははみ出しせずに駐車できる状況だからだ。

10月末までに待機する間、カローラスポーツGRMNを第一希望として、出てこなけばフルモデルチェンジのシビックハッチバックを視野に入れつつ、MT設定次第で最終判断としてタイプRをターゲットにする感じで待ちたい。

あくまで第一希望は車体サイズ的にもカローラスポーツGRMNの登場を期待。オーディオレス設定がされなくても第一優先はあくまでカロスポである。秋まで心して待ってやりたい。

もちろん、それまでに間にJAL株が復活して資産も元通りになっていることを含めての待機である。

頼んだよ、トヨタ様。そしてJAL様。
コラムワード検索
表示件数
ワード検索
本コラムに関する意見
Twitterにて受け付けます @megahit_jp